【合格体験談】社会人でも『弁理士』資格に合格できた秘訣とは?通信講座を使った勉強法などを紹介!

今回は、社会人として働きながら「弁理士」の資格試験に合格した「T.K」さんの体験談を交えながら、勉強方法などを解説していきます。

「T.K」さんプロフィール

某国内製薬メーカーの研究部門に入社後、同社知的財産部へ異動、特許出願業務(新規出願・権利化対応)、他社特許抵触調査、知財デューデリジェンスおよび知財係争などの幅広い業務に携わる。

はじめに

私が弁理士試験の勉強をはじめたのは、メーカーで研究職を行っていた頃でした

研究職の仕事を通じて時折特許に触れる機会があった私は、次第に特許というものに興味を持ち始め、色々と調べる中で知的財産を専門とする弁理士という資格があることを知りました。

合格率が低く非常に難関な資格ではあるものの、免除制度を活用することで働きながらでも資格取得できること、そして何より弁理士という、発明者のイノベーションを法的な視点でサポートし、グローバルに活躍できる士業へのあこがれから、何としても資格を取得することを決意しました。

受験勉強を開始してから合格するまで途中紆余曲折ありましたが、仕事をしながら、また小さい子供の育児にも携わりながら2回目の試験にて無事合格に至った、そんな私の勉強法を以下に述べさせて頂きたいと思います。

全体を通じて一番大切なこと

弁理士試験は、「短答式試験(1次、マークシート)」、「論文式試験(2次、筆記)」そして「口述試験(3次)」の3つの形式の試験から成り立っています。

それぞれの形式に併せた最適な対策を取ることは勿論必要ですが、弁理士試験の根幹にあるのは、やはり『条文の徹底的な理解』、すべてはこれに尽きると強く思います。

①条文の趣旨、用語の意味などを広く正しく理解すること、そして、②条文を暗記することこそが合格への近道です。そして試験合格に必要な情報は、特許庁が発行している「工業所有権法(産業財産権法)逐条解説(通称、青本)」、「条文集」に全てカバーされています。

私は受験1年目、予備校から発行されている要点がまとまったオリジナルテキストを用いて勉強を行っていましたが、それでは情報としては不十分で、必ず抜けもれが出るものです。

2年目に青本と条文集を徹底的に覚えることで成績が飛躍的に向上し、無事最終合格までたどり着くことができました。

勿論、青本は広辞苑ほどページ数が多く、全てを暗記するのは至難の業なので、効率よく必要な情報をインプットするために各種レジュメを活用するのは良いですが、あくまで青本が教材の大黒柱とされることを強く勧めます。

以下、試験の形式毎にそれぞれ効果的な勉強法について述べさせて頂きます。

短答式試験

 当時の私は、大手予備校の通信コースを受講しており、短答基礎講座や実践答練の復習、本試験の過去問解きをとにかく繰り返し行ってました。

使用教材としては、予備校が作成している短答試験用のオリジナルテキストをメインに利用しており、青本や法文集は全くいっていいほどノータッチでした。

短答式試験はチャレンジ1回目で何とか合格することができましたが点数はギリギリでした。今振り返れば、ひたすら過去問を繰り返すというのは、一見徹底的にやり込んでいる気になりますが、知識の幅としては決して広がっていなかったと思います。

短答式試験は範囲の広い網羅性のある試験であって、予備校のテキストでは網羅されていない論点が多く出題されることもありますので、青本や条文集の読み込みを行うおくことをお勧めします。

また、短答式試験では準用/非準用の問題、例えば特許法にはある制度が意匠法では準用されていないケースがひっかけで問われたりするので、各法律を比較しやすいようにまとめられた「四法対照法文集」を利用するのもお勧めです。

また、短答式試験には、著作権や不正競争防止法など、論文式試験や口述試験の試験範囲にはない法律が試験範囲に含まれていますが、配点の全体に占める割合が低いこと、加えて出題されるポイントが毎年大体決まっていることから、こちらはエッセンスがまとめられている予備校のテキストで活用することで十分と思います。

論文式試験

論文式試験は弁理士試験の中で最も難易度が高い試験になります。

私が論文式試験の勉強を本格的に始めたのは2年目のことでした。1年目本試験の論文式試験では、何を書いてよいか全く分からずに撃沈しました。

予備校の通信講座では、論文の書き方が身に着くのには時間がかかると思い、論文試験で高い合格率を誇ると噂だった個人のゼミへ通学することを決断しました。

そのゼミでは、大手予備校にありがちなフォーマットやテクニックに頼る論文作成ではなく、青本の内容(趣旨、用語の定義等)を正確に論文に記載することを大切にされていました。

始めは授業についていくのに必死でしたが、次第に青本に書かれていることが徹底的に自分の頭に叩き込まれていること実感できました。その年に受けた本試験では、幸いなことに商標で条文の趣旨がズバリ問われる問題があり、完璧に準備できていた私は1年で論文式試験を突破することができました。

口述試験

 口述試験は、短答式試験や論文式試験以上に、条文の内容・趣旨を理解しておくこと、更にそれが声に出して言えることが大切です。試験中に法文集を確認することができますが、限られた試験時間や本番の緊張感を考えれば、条文は事前に丸暗記しておくことが重要です。

加えて法改正が行われた年を回答する問題など、細かい内容が問われることが多々ありますが、これらはすべて青本に記載されている内容に基づいて出願されているので、やはり青本の内容をどこまで覚え、それを口に出して言えるかがポイントになります。

私は妻に手伝ってもらい、口述試験のテキストや青本、条文集を使ってアウトプットの練習を繰り返し行いました。分かっているつもりでも答えられない中途半端な理解を見える化し理解を深めることができ、また短い試験時間の中で回答する瞬発力を身につけるのにもってこいの訓練でした。

また、本試験の独特の緊張感に慣れるために、可能な限り特許事務所や予備校が主催している口述模試も受けました。

おかげで本番はリラックスして臨むことができ、法文集を一度も見ることなくすべての質問に回答することができました。

受講形式(通学、通信)毎のメリットとデメリット

私の場合、1年目は通信で、2年目は通学して受講しました。

通学のメリットは、何より強制的に勉強する環境を作ることができることと思います。

通信は、自分のペースで勉強を進める(例えば、講義は平日の隙間時間で少しずつ聞いて、土日は集中して一気に問題を解くなど自分など)ことができますが、私の場合、通信学習では内容が難しくまた量も膨大なカリキュラムを1年間継続して高いモチベーションで続けることが難しかったように思います。

また通学では、論文の書き方など、分からないことが出てきた場合にすぐ質問することができる、そして周りに目に見えるライバルがたくさんいるので、日々の予習や復習にも力が入るなどのメリットがあると思います。

仕事や育児など置かれている環境によっては、通学するのは大変な方も多くいらっしゃると思いますが、短期間で合格を勝ち取るために、可能であれば通学で受講することをお勧めします。

おわりに

最終合格が分かったときは本当に嬉しかったことを記憶しています。ゼミの先生や家族、そして切磋琢磨した友人など多くのサポートを頂けたことが、最終合格に結び着いたと強く思っています。

弁理士試験は非常に難易度が高い試験といわれていますが、勉強方法を工夫し、必ず本試験に合格してみせるという強い気持ちがあれば、短期間での合格も十分可能です。

執筆・監修 T.K

某国内製薬メーカーの研究部門に入社後、同社知的財産部へ異動、特許出願業務(新規出願・権利化対応)、他社特許抵触調査、知財デューデリジェンスおよび知財係争などの幅広い業務に携わる。弁理士資格は研究部門時代から勉強に着手し、知的財産部配属後に合格。現在、3児の父親として、仕事も育児も奮闘中。趣味はアウトドア(キャンプ・釣り)。