弁理士の基礎情報

『弁理士』とは

弁理士は知的財産に関する専門家で、知的財産を守るために働いている人たちです。知的財産を守る唯一の国家資格となります。
ものを発明・開発した人が損をしないように、特許や意匠・商標などを特許庁に出願して登録をする役割があります。

これら知的財産の取り扱いには高度な専門性が求められるため、弁理士の存在が必要になります。特に産業財産権(特許法、実用新案法、意匠法、商標法)の取得や紛争解決は、高度な技術的・法律的・実務的知識を必要とします。

「弁理士」仕事内容

仕事内容

主な業務内容は以下の3つになります。

⑴:産業財産権の取得(独占業務)
権利の取得、鑑定・判定・技術評価書、外国における産業財産権の取得・対応

⑵:産業財産権の紛争解決
訴訟、裁判外紛争解決手続き

⑶:取引関連業務・コンサルティング業務
取引関連業務、契約の締結、著作権管理

特に特許庁への知的財産関連の事務手続きは非常に複雑で、多くの手間と時間がかかります。弁理士が発明者に有利な権利が取れるようサポートをするのです。

年収・給料・収入

弁理士は平均年収が700万円前後、大手企業に勤めると年収900万円前後です。独立開業をしたら年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。これらの情報から、弁理士は収入がかなり高い方だといえるでしょう。

また年齢や経験を積むことで職場内で昇進し、それに比例して年収が上がっていく傾向です。

経験スキルや経営力・営業力などで差は出ますが、特に特許手続きの経験があると大きく年収アップが見込めるようになります。

就職先・活躍できる場所

1番メジャーな就職先は特許・法律事務所です。専門知識を持った分野で業務をこなします。

他には研究開発などを行っている企業の知的財産専門の部署、大学・研究機関などで研究者たちのサポートを行う働き方もあります。

また今後は国際出願などの分野で特許申請の需要が期待されます。スキルアップに励むことやクライアントから信頼を得ること。そしてビジネスに関する情報を収集し続けてチャンスを掴められれば、独立開業をしても将来性があるでしょう。

資格取得のメリット

特許事務所には特許技術者として働くことができます。ただし以下の点に魅力を感じるのであれば、苦労をして弁理士資格に挑戦する価値はあるでしょう。

⑴:年収の上限が上がる
特許技術者は明細書作成や中間処理の件数を多くこなすことで年収が上がります。ですがそれには上限があり、年収でいうと700万円程度で止まってしまうのです。
一方弁理士資格があると管理職やリーダーにつく確率が上がるので、それに伴って年収も上がるといえるでしょう。

⑵:キャリアアップにつながる
弁理士資格は狭い業界での仕事と思われがちですが、特許事務所の管理職や企業勤め、独立開業といろんな選択肢があります。特許技術者にはできない独占業務もあるため、仕事の幅も広がります。

『弁理士』合格体験記

▼New!

勉強時間・対策・費用

弁理士試験に合格するまでに必要な勉強時間は、3000時間ほどと言われています。
1日に4〜5時間の勉強を続けたとしても、2年ほどの勉強期間が必要になります。

独学でも合格できないわけではありませんが、弁理士試験に独学が難しいのは論文式試験の対策でしょう。自分の書いた回答が正解かどうかの判断が難しいため、心配な方は予備校に通うのがいいでしょう。
予備校に通う場合、1年で30〜40万円の費用がかかります。

独学にせよ予備校に通うにせよ、大事なのはいかに勉強時間を確保できるかになります。

難易度・試験情報

試験情報

弁理士の受験資格はありませんので、誰でも受験することができます。

スケジュールは以下のような流れになります。
1月:試験要項発表
3月:受験願書受付

5月:短答式試験
正確な知識を問われる試験です。マークシート形式の60問となります。

6月:論文式試験(必須科目)
7月:論文式試験(選択科目)
論文式試験は、知識の応用力を問われる試験です。

10月:口述試験
口頭での応答能力を問われる試験です。

11月:合格発表

と非常に長きにわたって試験が行われます。

受験料は12000円です。

難易度・合格率、合格点

弁理士の最終合格率は10%以下のことが多く、難易度はかなり高い資格となるでしょう。
3・4回受験してようやく合格する人が多い試験になります。

試験による合格率は、
短答式試験で10〜20%(合格点は39問以上の正解と各科目で4割以上の正答率)
論文式試験で25%程度(必須科目は標準偏差による調整後に各科目の平均得点が54点以上。ただし47点未満の科目がないこと。選択科目は60%以上の正答率であること。)
口頭試験で95%程度(ABC評価でC評価が2科目以上ないこと)
とされています。

以上4段階の試験を全て乗り越えないといけない点も大変な試験です。

「弁理士」の現状、問題、将来性

将来性について

弁理士の将来性は結論をいうと、一部AIに取って代わられる業務もあるが、需要がなくなることはないでしょう。
その理由はグローバル化が進んでいるため、国際的な場で活躍できる機会が増えます。その中で相談系の業務はなくなることはなく、将来性は十分あると考えられます。

ただし弁理士には事務的な仕事も多いため、一部機械やAIに代替される業務もあります。
将来を見据えて業務を選択できれば、収入の安定性からも将来性があるといえます。

「弁理士」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

弁理士と合わせて取りたい資格は「知的財産管理技能士」「ビジネス著作権検定」です。

知的財産管理技能士は企業や団体の発明や著作物などの知的財産の管理や保護を適切に行う仕事になります。資格は1〜3級まであり、2級以上の取得があると特許事務所への就職にも有利になるケースが多いです。

ビジネス著作権検定とは著作権に関する基礎的知識を問うとともに、ビジネスにおける著作権の使用判断力を測定する検定試験です。
こちらも著作権関係で関連性のある仕事なので、ダブルライセンスとして活かせる資格になるでしょう。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

『弁理士』監修・執筆ライター一覧

近日更新

『弁理士』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新