そもそも簿記ってなに?2級・1級どこまで独学でいけるの?

これから就職しようとしている人や、就職してからもキャリアアップしようとしている人の中で、簿記検定の受験を検討している方も多いのではないでしょうか。

ただ、簿記検定を調べていると日商・全商・全経と主催団体に違いがあったり、3級と2級・商業簿記・工業簿記があるなど、複雑に見えます。

そこでこのページでは、簿記検定の試験内容と受験方法についてお伝えします。

1.簿記とは

そもそも簿記とはどのようなものでしょうか。

簿記検定を主催している日本商工会議所によると、

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です

とされています。(日本商工会議所ホームページより)

経理職として働く人が取得する資格というイメージが強いと思うのですが、企業のお金に関する流れを記録して、最終的には財務諸表として世の中に公表する書類を作成するための技能が簿記です。

技能があることを示す公的資格なので、司法書士・行政書士・社労士のように試験に合格したからといって、何か独占業務ができるというものではありません。

しかし、経理職に携わる人に直接関わることはもちろん、会計帳簿の仕組みがわかるようになるので、広くビジネスマンに必要とされるスキルを手に入れることができます。

そのため、経理職のみならず、ビジネスマン・就職前の学生・自己啓発や再就職の準備を考える主婦などあらゆる層に人気の公的資格です。

2.基本的には日商簿記検定を受験すればOK

この簿記検定、日本商工会議所が主催するもの(通称:日商簿記)のほかに、「全商」「全経」というものがあります。

全国商業高等学校協会が主催する「全商簿記」はその名のとおり商業高校の方が受験する傾向にあります。

全国経理教育協会が主催する「全経簿記」は、専門学校の生徒が受験する傾向にあります。

出題範囲や合格率など違いがありますが、いずれも簿記に関する知識の習得が可能です。

また、受験者が多く、一番受験対策講座や書籍が充実しているのが日商簿記です。

そのため就職・転職・キャリアアップを目的としているのであれば日商簿記を取得すれば良いでしょう。

日商簿記検定の受験をする級について知ろう

日商簿記検定については、出題範囲ごとに級が設定されています。

商業簿記と工業簿記

簿記は商業簿記工業簿記に分かれます。

商業簿記とは、購買活動や販売活動など、企業外部との取引を記録・計算 する技能で、企業を取り巻く関係者(経営管理者・取引先・出資者等)に対し、適切、かつ正確な報告(決算書作成)を行うためのもの

「工業簿記」とは、企業内部での部門別や製品別の材料・燃料・人力などの資源の投入を記録・計算する技能で、経営管理に必須のもの。

日本商工会議所簿記検定ホームページより)

こう書くと難しいように思えるのですが、

  • 商業簿記:どの会社でも必要な日常の取引を記録して最終的に財務諸表を作成するもの
  • 工業簿記:自社でものをつくって売却する業種に必要な経理・会計の技能

と考えておけばよいでしょう。

簿記初級・原価計算初級

簿記は後述するように主に1級~3に分かれますが、そのもっと基礎の知識を問うものとして、「簿記初級」「原価計算初級」という試験を置いています。

簿記初級は、「簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に利活用することができる」程度・能力

原価計算初級は、「原価計算の基本用語や原価と利益の関係を分析・理解し、業務に利活用することができる」程度・能力

日本商工会議所簿記検定ホームページより)

ただ、実際はこの級を取得したとしても1級~3級よりも知名度が低いこともあって、就職転職で評価をされる可能性は低いといえるでしょう。

3

日商簿記検定3級は「基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル」

日本商工会議所簿記検定ホームページより)

実際に就職転職で履歴書に書いて、会計に関する基礎的な知識を有していると評価されるのはこの簿記2級からですが、企業の募集要項に簿記3級以上の資格をもっている人の経理事務の求人に応募することができるようになります。

受験範囲 商業簿記のみ5
試験時間 120
合格点 70%以上

2級でも商業簿記は必要となり、2級からはじめても一通りのことは行うのですが、一般的な受験対策書籍や講座でも3級の知識が前提になっていることが多いので、上級の資格を目指す場合でも3級の勉強は必ずするようにしましょう。

2

日商簿記検定2級は、「高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル」

日本商工会議所簿記検定ホームページより)

商業簿記でも、より大規模な会社組織を前提とした会計についても取り扱われますし(本支店会計・連結決算・有価証券の取り扱いなど)、工業簿記も試験範囲に入ります。

そのため、就職・転職において、日商簿記2級を取得している人は、未経験者であっても就職できる可能性がおおきく広がりますし、すでに会社で経理事務やその他の仕事に就いている方の中には、資格手当を支給される場合もあります。

受験範囲 商業簿記・工業簿記から5題以内
試験時間 120
合格点 70%以上

1

日商簿記検定1級は、「極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベル」

日本商工会議所簿記検定ホームページより)

商業簿記・工業簿記に加えて、会計学・原価計算という科目が加わり、合格者には国家資格である税理士試験の受験資格が与えられます。

また、例えば一橋大学の商学部では、推薦入試を受けるための要件の一つとして、簿記1級を取得していることを挙げるなど、大学・大学院への入学にも有利に働くことがあります。

受験範囲 商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算
試験時間 商業簿記・会計学で90分、工業簿記・原価計算で90分の計180分
合格点 70%以上かつ、どの科目も40%を下回らないこと

1級は3級・2級とはくらべものにならない程度の難易度ですので、経理責任者経営幹部を目指す、公認会計士税理士中小企業診断士を目指すといった方が受験することが多いです。

異なる級の同時受験が可能

日商簿記は午前中に3級と1級の試験が、午後に2級の試験が実施されます。

そのため、1級と2級・2級と3級は同じ日に受験をすることができます

4.日商簿記を受験しよう

日商簿記を受験するのにどのように挑めば良いでしょうか。

電卓の使い方のマスターを忘れないで

日商簿記では試験中も電卓を利用して回答をします。

通学の方であれば電卓の使用方法について知る機会も多いのですが、特に独学ですと電卓の使用方法を学ばないで簿記の受験勉強をしてしまいがちです。

GT(グランドトータル)機能や、左手で電卓を使う(右手でペンを持てる)など、電卓の使い方で試験を有利にすすめることも可能となります。

机に向かうことが多くなる

資格試験については他にも行政書士・ビジネス実務法務検定・TOEICなど様々な種類のものがあります。

これらと簿記が本質的に異なるのは、簿記は電卓を使って決算書の問題に解答するなど、実際に机に向かって手を動かす必要があるということです。

受験期間中は、自宅・受験予備校の自習室・カフェなど、まとまった勉強時間をとれる環境をつくるようにしましょう。

独学・予備校に通う基準は?

日商簿記を取得するにあたって独学・予備校に通う基準は何かあるのでしょうか。

1級以上を目指すのであれば予備校に通う

まず、1級の取得、その先の公認会計士・税理士試験の合格を目指すのであれば、予備校に通うか通信講座の利用をするのが良いでしょう。

2級から先は商業簿記も非常に複雑になることもあり、難易度が一気に高まります

会計のスペシャリストとして難易度の高い1級の合格を目指すのであれば、予備校に通うのがオススメです

長く会計実務に携わりたいのであれば予備校に通うのがよい

簿記の資格をとって、会計・経理の実務に携わりたいというのであれば予備校に通うのが良いでしょう。

予備校ではもちろん試験科目での合格を目指しますが、会計・経理実務のスペシャリストである講師から、会計・経理の現場についての話を聞くことができたりします。

また、周りにもそういった実務に携わりたい人が集まりますので、自然と仲間もできることになります。

長く会計実務に携わるのであれば、予備校を利用して、しっかりステップアップをするべきでしょう。

2級の合格が目標であれば独学も可能!模試やインターネット講座をうまく使おう

単に2級に合格をしたい、というのであれば独学でもかまいません。

日商簿記の受験予備校には長年のノウハウが蓄積されており、3級・2級の受験のためのテキストも充実しています。

これをうまく利用すれば、2級までは独学で合格することも充分に可能です。

ただ、試験の雰囲気や、本試験での時間配分などを確認するためにも、予備校の模試を会場受験するなど、予備校を一部でも上手に使いましょう。

また、勉強をはじめていまいちつまづくようであれば、インターネット講座などもうまく利用してみましょう。

合わせて読みたい

 

5.まとめ

このページでは日商簿記についてお伝えしてきました。

よく「コスパの良い資格」として挙げられる簿記は、就職・転職・キャリアアップに最適です。

是非受験を検討してみてください。

■監修者より一言

日商簿記検定は、近年出題範囲が目まぐるしく変わってやっと一段落を見ました。しかし、2021年4月1日以降の試験からは1級・2級につき「収益認識に関する会計基準」が適用された内容となります。
(2021年6月の試験は、新型コロナウイルスの影響を踏まえ、従来どおりの試験範囲で実施されます)3級への影響は軽微です。

そのため、日商簿記試験の試験内容が極めて流動的になるでしょうし、各級とも合格率の変動も大きくなることが予想されます。

試験が変わることによる関門を乗り越えることができれば、「最新の知識を備えた人材」として大きく評価されるでしょう。経理職は日商簿記を取得して終わりではなく、そこからがスタートです。会計も税制も改正がどんどん出てきます。

経理職は、これからの世界の変化に対応できるように常にスキルアップが求められる職だということを誇りに思いましょう。その変化に対応し力をつけることで好待遇や、より上の転職先に進むことも可能です。

監修 川村秀俊(講座講師)

仙台大原簿記公務員専門学校を卒業後、仙台市内の税理士事務所に勤務。各種税金の計算及び申告、会計指導などの補助にあたる。その後は資格のDAIEIで日商簿記講座の講師を務め、教室でのライブ講義も担当。現在は出身地である気仙沼に戻り、Webワーカー兼簿記家庭教師として活動している。