簿記の基礎情報

『簿記』とは

帳簿に会社の収支や決済、物品の購入、仕入れ、販売、営業取引や、債権や債務の発生を記録する技術資格です。

「簿記」仕事内容

仕事内容

税理士事務所・一般企業ともに共通して、領収書や請求書などの経理資料をもとに、会計帳簿へ記帳するための『仕訳』を作成するのが主な仕事になります。また、税理士事務所・一般企業ともに責任が伴う上級職になると、具体的な事案をもとに税務署との折衝も視野に入れたうえで、企業の経理方針と合致する『仕訳』を模索していくという、自由度が高くなる代わりに明確な”答え”のない、より複雑で高度な判断を求められる内容の仕事も並行して発生します。

年収・給料・収入の詳細

税理士事務所などの専門職の職場では年収おおよそ350~400万円、中小企業の事務職などの、汎用性の高い職場でで300~350万円ほどの間でした。企業の経理職という部分もありますが、同じ中小企業では金額にそう開きはなく、300~350万円ほどの間でした。簿記取得までの難易度、試験回数、試験費用など、総合的に考えると取得難易度通りの収入になっています。

就職先・活躍できる場所

簿記関連の知識はかなり広く利用されていますので、就職先や活躍できる場所はかなりあります。企業の一般経理の仕事から、会計士税理士といった会計全般に関わって来るところで利用されるのは当然なのですが、
営業職や販売職といったところでも、相手に説明をする際に数字を説明に入れるようなこともありますし、金融、商社といったところでも利用されます。色々な仕事の基本となる部分であり、かなり多くの分野で利用できるおすすめの資格です。

資格取得メリット

日商簿記の用途はかなり後半にあるものであり、3級レベルでも企業会計の基礎的な処理方法や知識が得られますので、お金の関係の知識が身につきます。また、2級レベルですと、転職にも有利になり、財務諸表から、企業の経営状況もわかるので、株関係の投資にも役に立ったりもします。1級クラスなら、税理士への資格試験を受けることが出来たり、大きな企業でも利用しやすいと言ったより幅広くて高度な仕事をこなすことが出来ます。

『簿記』合格体験談

勉強時間・対策・費用

一般的な勉強時間としては、3級レベルなら50時間以上あれば良く、2級レベルなら100時間以上あれば合格できるレベルの達することが出来るようです。
一日一時間レベルでも3級なら2ヶ月くらいまで前にやり、2級レベルなら3~4ヶ月前にやるとちょうど良いくらいです。

1級レベルなら500~600時間くらいと言われますが、忙しい社会人でも2時間くらいの勉強をすれば、十分な時間を確保して受かる可能性が十分にあります。

難易度・試験情報

試験情報

簿記の試験は2,3級なら年に3回2月、6月、11月にあります。1級は年に2回で6月と11月です。受験資格は特にありません。どのような肩でもうけることは出来ます。受験料は 1級7,710円 2級4,630円 3級2,800円 となっています。合格点に関しては、全部の旧で70%以上の点数を取っていれば合格です。(※1級は1科目ごとの得点が40%以上)倍率については3級なら大体2倍くらい、2級なら3倍くらい、1級なら10倍当たりと行ったところです。

難易度・合格率・合格点

簿記試験の難易度は旧によって様々であり、3級の合格率は40~50%前後と度比較的優しいです。簿記の入門的にやるにはちょうど良いレベルだと思います。2級になってくると範囲が広くなりますので、合格率は15~30%前後暗いと少し下がることになります。しっかりとした対策が必要です。一番難しい1級レベルになりますと、合格率は10%前後となっており、行政書士などの国家資格並みに難易度が上がりますので、かなりの勉強量が必要になってきます。

『簿記』の現状、問題、将来性

現状では、AIが進化している状況から単純計算を是とする経理関連は今後なくなっていくのではないかと考えられています。それとともに、より数字を分析的で情報判断がしっかり出来るようなことも同時に求められています。情報分析や判断というのは比較的高度なものが求められますので、今までのような数字の処理だけでは難しくなっていきます。また、情報処理の速さもより速く求められており、業績予想などの早期処理などますます簿記関係の業務は高度化と複雑化、迅速化を求められています。

「簿記」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

簿記関連と一緒に取っておくと良い資格と言えば、ビジネス会計検定やファイナンシャルプランナーが挙げられます。企業の財務諸表に対しての分析能力と個人の資産運用計画と言う違いが両者にはありますが、どちらも数字について詳しく知っていないと難しい仕事です。この手の仕事に就くには必須の知識と言えます。独立を目指すのだったら、税理士資格社会保険労務士がおすすめです。どちらも、会計知識を必要とするものですし、税理士はとくになるためには簿記1級が必要ですので、大変おすすめです。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

「簿記」監修・執筆ライター一覧

近日更新

『簿記』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新