賃貸不動産経営管理士合格のための勉強方法は?勉強時間やテキストを紹介

ここ数年で受験者数が増加傾向にある賃貸不動産経営管理士の資格ですが、数ある不動産系の資格の中で、賃貸不動産経営管理士の資格は難易度が低めで取得しやすい資格と言えます。

しかし、独学で合格しようとする場合には、「どのようなテキストを買えば良いの?」「どの位の勉強時間が必要?」
などの疑問を抱いている人も少なくないのではないでしょうか。

今回は、賃貸不動産経営管理士試験に合格するためのノウハウをご紹介します。

賃貸不動産経営管理士試験合格に必要な勉強時間

必要な勉強時間は100時間

賃貸不動産経営管理士の試験に合格するために必要とされる勉強時間の目安は100時間程度とされていますが、受験者の学力や知識量によっても違いが出てきます。

また、勉強に対して集中力を維持出来る環境が整っている場合や、独学の得意不得意など様々な要素が絡む事で、個人差が出るのは当然です。独学を初めてする人は余裕を持って多めの150時間以上の勉強時間を確保しておく事をお勧めします。

比較的取得し易いとは言っても、近年試験が難化傾向にあります。
今後は出題数の増加や問題の難易度の上昇のために必要な時間が増えることが予想されます。

試験対策のための時間だけでなく、精神的にも余裕を持つことが大事です。仕事などをしていると突然時間を取られてしまうケースもありますので、多めの時間を見積もっておいた方が得策です。

不動産関連の資格取得者は有利

不動産関連の資格で、例えば宅地建物取引士マンション管理士等の有資格者のケースだと試験の出題範囲が被っている事があります。

不動産に関する基礎知識を既に身に付けていて理解が早い事で、勉強時間の目安を20~30%程少なく見積もる事が出来、80時間程度の勉強で取得可能な人も少なく有りません。

民法の知識を身に着けていないと取得出来ない宅地建物取引士は、初めて学ぶ人の苦手な法律をクリアしているのでとても有利な状態なのです。
しかし、出題の難易度が上がっている事を考慮に入れると最短で50時間の学習で合格を狙える人も出て来るでしょう。

予備知識等を有していても、勉強時間には余裕を持って準備しておく事をお勧めします。

勉強期間は2〜3ヶ月

平日1時間、休日に3時間勉強すると仮定して1週間で約10時間。
100時間想定でやるとすると10週程度です。つまり、2ヶ月ほど必要となります。

試験自体は11月で受験の申し込み期間が、8月の半ばから9月の半ば頃なので、申し込み初日から学習したとして受験日までは約3ヶ月と言う事になります。

初めて不動産系に挑戦する方は申込日よりも先に学習を始めておく事をお勧めしますが、上記のような学習スケジュールであれば充分間に合う計算になります。

試験情報

試験時間は120分間。問題数は50問で、四肢択一のマークシート形式です。
合格ラインは毎年度毎に違っていて、令和元年度と平成30年度は合格点は29点、それ以前は21点〜28点となっていました。

令和元年度までは90分40問でしたが、賃貸不動産経営管理士の国家資格化が目指されており、令和2年度からこのように変更となりました。

出題数の増加と出題の専門性が高くなっている事から、当然の様に勉強すべき量も増やさねば対応が難しくなります。

国家資格になると言う事はそれだけ信頼度が高くなり、需要も増える可能性が高くなるので、受験人数は増加する事が予想されます。

試験の予測が難しい

国家資格化に向かい出題が難しくなっている事と、問題数が増え試験時間が大幅に増えた事で、これまでのデータとは違ってくることが予想されます。

令和元年度の試験における大手予備校が予想していた合格点が大きく外れた事も記憶に新しく、次の試験の問題の予測も難しいものになっています。

従来の予想問題集による反復で出題の慣れると言う方式も基本として身に付けながら、可能な限り多数の問題に挑戦しておきましょう。どんな問題も対応できるよう、きちんと理解を深めてテスト当日の対応力のアップに務める事が重要になります。

独学合格のための勉強法

「継続は力」と昔から言う様に、勉強に関しても毎日継続してやる事が大切な事になります。

その為には毎日きちんと勉強出来る環境とスケジュールをきちんと立てて、実行する事が勉強の効率を上げる事になり、ひいては試験に合格するための秘訣になります。

かといって長時間の詰め込みの勉強をする事は、脳の機能として記憶する量の限界が有り、結果的に効率が悪くなります。

学習しても、復習しないでいるとせっかく覚えた事も忘れてしまういますので、勉強をやらない日を作らない様にする事が大切です。勉強の休日を作る事で覚え直す為の反復作業をしなければならなくなり、とても効率が悪い学習方法になってしまいます。
短くてもいいので、毎日必ず試験勉強に当てる時間を作りましょう。

まずはインプットから

はじめにテキストを用いてベーシックな知識をきちんと理解する事が、後の勉強の効率を高めるコツです。

きっちりと基本を頭に入れる事で過去問等をやった時に自分のウィークポイントや理解が不足しているポイントを洗い出しやすくなります。弱い部分がわかれば、その部分を集中的にフォローする事で合格に一歩近づくのです。

問題集は繰り返し行う

問題集は一冊の本を最低3回は解いて、頭に叩き込む事が大切です。
何度も反復する事で知識が深く脳に刻み込まれますから、時間がある限り繰り返し何度も問題を解きましょう。

一問は一点ですが「僅か一点されど一点」で、この一点が合否の分かれ目になってしまう事も少なく無いため、広範囲の知識をきちんと網羅しておく事が合格の鍵となるのです。

過去問をやり込む

実践力は過去問を数多く解く事で鍛える事ができます。過去問を解く事で過去に出された出題の傾向が判りますし、新たな出題のヒントにもなってくれるのです。

宅建士等の不動産系のライセンスを持ちそれなりの知識がある人の場合は、まず過去問に挑戦して自分の勉強不足のポイントをあぶり出し、そこを集中的に学習すると言う方法も有り学習効率を上げる事になります。

学習の仕方は様々で、自分の能力や性格に適した方法と、無理無く出来るスケジュール管理と環境整備を考えて最大の効率化を図る事が重要なのです。

おすすめテキスト

賃貸不動産経営管理士試験テキスト&重要過去問

「賃貸不動産経営管理士試験テキスト&重要過去問」テキストと過去問が一緒になっていて、インプットとアウトプットを効率良く行えます。問題の解説も丁寧で理解しやすいと評判です。他の不動産系資格の勉強をしたことがある人であれば、これ1冊で充分合格できそな内容です。

楽学賃貸不動産経営管理士 一問一答 (直前予想模擬試験付き!)

「楽学賃貸不動産経営管理士 一問一答 (直前予想模擬試験付き!)」はボリュームがちょうど良く効率的に学習できます。仕事や家事などで時間が取れない人には、通勤時間などのスキマ時間で勉強できる一問一答のテキストは強い味方になってくれます。直前予想模試もついているのでしっかり演習もできます。

通信講座で最短合格

最短で合格して資格を取得したい場合は、経済的に可能であるなら通信講座を受講する事が効率が良い方法と言えます。

通信講座は長年の蓄積したデータから、教材や学習方法が最短で合格出来る様に設定されています。そのカリキュラムをきちんとこなす事で、受講者が最短で合格出来る様になっています。

通信講座であればまとまった時間が取れない方でも、いつでもどこでも勉強することが可能です。ぜひ一度検討してみてください。

まとめ

賃貸不動産経営管理士の勉強時間・勉強方法まとめ
  • 必要な勉強時間は100時間
  • 勉強期間は2〜3ヶ月
  • 試験は120分、50問、マークシート形式
  • 独学合格可能だが、通信講座も効率的

資格取得のためにはきちんとしたスケジュールを立てて、自分に合った勉強方法を継続して続ける事が重要になります。

超難関の試験と言う訳では無いため、テキストをきちんと頭に入れて、問題集を駆使して頭からひねり出す訓練を摘む事で試験合格は十分可能です。

賃貸不動産経営管理士はこれから需要が高まる可能性を秘めている資格です。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

監修 資格LIVE編集部
会社や社会に役立つ資格や、資格取得方法、勉強法、必勝法を徹底リサーチ中!