賃貸不動産経営管理士の基礎情報

『賃貸不動産経営管理士』とは

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識を持った専門家です。

家主・不動産管理業者・入居者、この三者の間を取り持つ役割を担っており、それぞれが安心して良質な管理サービスを受けられるように努めます。
賃貸住宅に住んでいる方は非常に多く、その建物を適正に管理することは人々の生活に直結します。 

特に国土交通省が告示している「賃貸住宅管理業者登録制度」における役割が期待されており、社会的に必要とされる資格です。

「賃貸不動産経営管理士」仕事内容

仕事内容

賃貸不動産経営管理士の業務としては、まずはじめに家主との賃貸不動産管理業務を受託する契約を結びます。そのために市場調査や企画提案などを行います。

次に入居者の募集や契約業務・審査・重要事項説明・鍵の受け渡しなどを取り持ちます。ここに関しては不動産仲介業者が行うこともあります。 

そして入居者が住んでいる間は建物の維持管理や修繕・不具合の対応、退去する際には退去立会い・原状回復工事・空室維持管理など様々な業務があります。

年収・給料・収入

賃貸不動産経営管理士を取得している方の平均年収は600万円程度となっています。一般的な不動産会社で働くかたの年収よりは高い水準にあると言えるでしょう。 

但し各管理業者に対して最低1名いればいいという資格なので、人数的に不足しているというわけではありません。
年収の高い理由は不動産管理における高い知識とスキルが実務に生かされているからです。 

賃貸契約を行う際、賃貸不動産経営管理士の資格を持っていることでスムーズに手続きを行うことができます。
節税や相続などのアドバイスもできることから、不動産管理会社にとって重宝される存在となり、結果年収も上がる傾向にあります。

就職先・活躍できる場所

賃貸不動産経営管理士の需要は非常に大きく、求人も引く手あまただといえるでしょう。

不動産管理会社では、求める人材に「賃貸不動産経営管理士の資格を取得していること」などと明記されていることまであります。
なぜなら不動産賃貸管理業は非常に複雑であり、専門の知識を持った人でないと業務がこなせないからです。

一般的な住居物件においては宅建士が顧客に対して重要事項の説明をしたり記名押印を依頼しますが、管理業者となるとまた性質が異なるのです。
そのため賃貸不動産経営管理士は、不動産業界においてより専門性を持って仕事をすることができます。

資格取得のメリット

賃貸不動産経営管理士の資格を取得することで多くのメリットがあります。

不動産管理業者として働くにあたっては、不動産管理業務のプロということで家主や入居者からの信頼獲得につながります。 

賃貸物件における入居契約や退去時の法的知識も得られるため、不動産業者に言われるがままの契約を防ぐことができます。 

また不動産投資に関する知識も持っているため、マンション経営者・マンション投資などに活かすこともできるでしょう。

『賃貸不動産経営管理士』合格体験記

▼New!

勉強時間・対策・費用

賃貸不動産経営管理士に合格するために必要な勉強時間目安は、100〜150時間といわれています。不動産関連資格の中では取得しやすい資格だといえるでしょう。

独学で勉強しても十分に合格できる試験だと言えます。もし試験範囲をカバーした講習を受ける場合、受講料17820円とテキスト代3980円が必要となります。 

賃貸不動産経営管理士試験には出題頻度が高く得点になりやすい分野(賃貸借契約や賃貸住宅管理業者登録制度等・建物の知識など)があるため、そこを優先的に学習し、効率よく得点を確保していきましょう。

難易度・試験情報

試験情報

賃貸不動産経営管理士に受験資格はありません。ただし登録の際には、宅建士として登録しているか、2年以上賃貸不動産関連業務に従事している必要があります。ある程度不動産業界での経験を積んだ人が受ける試験となります。 

試験自体が難化傾向にあるため、テキストや予想問題集と本番の難易度が違うことも十分に考えられますので注意しましょう。

試験日は例年11月3週目の日曜日で、8月中旬〜9月下旬頃までに申し込みをする必要があります。 受験料は12960円です。

難易度・合格率、合格点

試験の合格率は元々50%前後と高く、難易度の高い試験ではありませんでした。

ですが2016年の賃貸住宅管理業者登録制度改正後は必要性から受験者の数が激増し、合格率が35%前後まで低下しているのが現状です。今後競争のさらなる激化から難易度の上昇が予想されるため、早めに受験をする方が有利ではと予想もされています。

試験は120分間で4肢択一の問題を50問解きます。 合格点は変動し、7割前後の正答率が目安となります。

「賃貸不動産経営管理士」の現状、問題、将来性

将来性について

賃貸不動産経営管理士の需要は今とても伸びています。その理由として、これまでに不動産契約時に様々なトラブルが生じたことをきっかけに、2016年から賃貸不動産経営管理士協議会で制度の見直しが起きたことが考えられます。

これにより賃貸住宅管理に関する重要事項説明などの専門業務、不動産管理事務所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士を設置しなければならないという設置義務が生じました。

現在の法律では必ず人が行わないといけない業務が多く、しばらくはAIにも代替されにくい仕事だといえます。

「賃貸不動産経営管理士」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

賃貸不動産経営管理士と合わせて取りたい資格は以下の二つです。

⑴:宅地建物取引士(宅建士)
不動産関係の資格として最も有名な国家試験です。宅建業を営む企業において、5人に1人以上選任の宅建士を設置しなければならないことから、不動産会社での需要は非常に高いと言えるでしょう。

⑵:不動産コンサルティング技能試験
こちらは宅建士・不動産鑑定士・一級建築士いずれかの資格取得者を対象にした試験で、不動産業界におけるコンサルティングマスターとして認定される試験です。不動産業界への就職・転職に非常に役立つ資格となります。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

『賃貸不動産経営管理士』監修・執筆ライター一覧

近日更新

『賃貸不動産経営管理士』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新