通信講座「フォーサイト」とは?評判・口コミを紹介!

低価格でコスパに優れていると評判のフォーサイトですが、実際通うとなると色々と気になりますよね。

「フォーサイトの通信講座ってどうなんだろう?」「良いところだけじゃなくて悪い部分も知りたい」

今回はそんなお悩みをお持ちの方に、実際の利用者の感想を含めてフォーサイトの実態をお伝えしたいと思います。

「フォーサイト」はこんな人におすすめ!
  • 多くの実績を持つ安心できる講座で勉強したい
  • 合格まできちんとサポートしてくれる講座が良い
  • 音声や動画によるテキストの解説がほしい

フォーサイトの特徴

それではフォーサイトの特徴を見てみましょう。

フォーサイトの特徴
  • 高い合格率
  • 充実したeラーニングシステム
  • フルカラー・図表イラスト入りの高品質な教材
  • 高画質のハイビジョン講義

高い合格率

フォーサイトは高い合格率を有しています。
合格率を公表しているところはあまりないため、公表しているということだけでその実績の高さを示しています。

例えば宅地建物取引士の合格率は全国平均が17%なのに対してフォーサイトでは71.5%です。
次の表は2019年の合格率を全国平均と比較したものです。これを見ると他の資格も全国平均を大いに上回っていることがわかります。

資格名 合格率(全国平均比)
宅地建物取引士 4.21倍
社会保険労務士 3.59倍
行政書士 3.7倍
FP 2.05倍
簿記 2.33倍
マンション管理士・管理業務主任者 2.87倍
ITパスポート 1.55倍
通関士 3.85倍
旅行業務取扱管理者 2.6倍

こうした高い合格率がフォーサイトが選ばれる要因であるといえます。

充実したeラーニングシステム

フォーサイトが特許を取得しているオンライン学習システム「道場破り」。こちらは単語チェック一問一答等、知識の確認に取り組めるeラーニングシステムです。

道場破りの主なサポート内容はこちらです。

  • 知識を効率的に定着できる「単語カード」と「確認テスト」
  • テキストや講義動画などの教材が全てスマホで閲覧可能
  • 今何人が学習しているのかが常に表示される
  • 自分の生活パターンから、自動で合格までの学習スケジュールを作成してくれる

いつでもどこでも勉強ができるだけではなく、同時に勉強している人数がわかったりとモチベーション維持にもつながります。この数字を目にすることで、無意識に「自分以外にも頑張っている人がいる」と励まされ、やる気につながることが期待できます。

また、このシステムを活用して学習すると、画面上で「段位」が上がっていきます。ゲームのレベルを上げる感覚で、楽しみながら学習できるサービスになっています。

フルカラー・図表イラスト入りの高品質な教材

一般に販売されている試験用のテキストなどは2色刷りになっていることが多いです。分かり易い内容のものであっても、最低限の色使いで難しい単語の羅列では、どうしても読む気になれないという人もいることでしょう。

一方、フォーサイトのテキストはフルカラーでの印刷で見た目にも美しく、必要な知識ごとに色分けがされているため、使い勝手も抜群です。
資格試験は学ぶべき科目が多岐にわたるため、テキストをきちんと読み込んでいくことが大変重要になります。

無機質で味気ないテキストよりは、脳への定着も促されて、高いモチベーションを維持することができるでしょう。

高画質のハイビジョン講義

一般的に、通信講座で用いられる映像は授業を後ろから撮影したものとなっています。しかしフォーサイトの講義映像は専用スタジオにて撮影しています。そのため雑音が入ることもなく、見やすく集中しやすい講義となっています。

通学の場合、板書が見えなかったり、広い教室の中だと講師の声が聞きづらかったりすることもあるかもしれません。

しかしフォーサイトのハイビジョン講義なら、講師がカメラに向かって直接話しかけてくれるので、迫力があり講師の熱が伝わりやすくなっています

フォーサイトの惜しいポイント

ここまでフォーサイトの特徴を説明してきましたが、少し残念な点もあります。

質問回数に制限がある

フォーサイトは無料で質問ができますが、回数制限があります。制限回数以降は1回の質問につき500円がかかってしまいます。

この点では対面の講義を行っている講座の方が手厚い対応だと言えます。
ただ、フォーサイトのホームページによると、受講者の質問回数は年間で平均3回程度のようですので、制限を超えることはあまりないのかもしれません。

テキストの内容が他社に比べて薄い

フォーサイトのテキストは、『合格ラインギリギリの得点を狙う』を基準に計算された構成となっています。
そのため他社に比べると内容が薄く、物足りなく感じるかもしれません。

しかしそれは、試験に直結した部分を効率よく学べるようポイントを絞り込んであるためです。

具体的には、レベルごとに分けられた問題によって、「絶対に理解しておくべき問題」「余裕があれば解いておくべき問題」など、合格を手にするために、最短かつ効率的に問題集を利用できるような工夫がされているのです。

試験の最短合格を目指している人にはいいですが、資格の内容を全体的にきちんと理解したいという人には不向きなテキストかもしれません。

受講生の口コミ

テキストが見やすい

宅地建物取引士講座利用・40代男性
法律関係の資格書は文字だらけが定番なのですが、フォーサイトのテキストは文字が少ない。その代わり、イラストや絵、図形が多く見やすく理解しやすい。しかも、色がカラフルで記憶に残りやすいのが特長です。また、宅建は権利関係の様に理解をして覚えるものや、その他の法令などの様にもう覚えるしかないものに対しては、語呂合わせでの覚え方がテキストに載っており、大変勉強がしやすく楽しんでできるように工夫されています。テキストである程度学習したら、「道場破り」という宅建試験の復習ゲームがあり、正解率とスピードで全国ランキングバトルなど楽しく学習してもらうなどいろいろ考えられています。

講師が科目で変わり混乱・学習計画は自分のペースで

社会保険労務士講座利用・30代女性
専任講師が2人いらっしゃって、それぞれ特徴があるので科目の途中で講師が突然変わる事があり少し混乱します。でも、どちらの講師も無駄は省いて、分かりやすい用語に変えて説明してくれたり、大切な部分や試験に出やすい部分だけを重点的に解説してくれます。スケジュールや計画については手帳が数冊送られてきますので、自分で計画を立てて勉強をすすめていくイメージです。フォーサイトからの指示は全くありませんが、自分のペースで進めていけるところが通信講座の利点とも言えますので問題ないです。

自宅での勉強は睡魔との戦い

簿記2級講座利用・30代女性
働きながら子育てをする通学が無理な私には、フォーサイトは好都合!と思い、思い切って申し込みましたが、やはり自宅でDVDを見ながらの勉強は睡魔との戦いになってしまい、DVDを見るだけでも大変でした。先生は男性で、声のトーンも低かったので、より眠さを誘発してしまい途中で断念しました。
しかし、勉強に余力のある方でしたら、通学しなくてもいいのはオススメです。講義内容自体も分かりやすく、ポイントを教えてくれるのでいいと思います。
 

難しい法律も例を挙げて分かりやすく説明してくれる

行政書士講座利用・20代女性

講義はとにかく分かり易かったです。私は法律初学者だったので、基礎知識がありませんでした。法律用語のあとに例を挙げて説明してくれるので、なるほどなぁと理解することができました。民法のややこしい権利関係等も丁寧に説明してくれるので、何回も何回も繰り返し視聴することで用語を覚えますし、理解が深まります。
テキストは市販のものに比べてかなり薄く、持ち運びしやすかったです。内容は、かなり文字が少なくイラストが多くて、テキストを読むことに全く抵抗を感じませんでした。

教材に誤字が多い

旅行業務取扱管理者講座利用・20代男性

教材に誤植が多いのが気になりました。間違ったまま覚えると大変なことになるので、改善して欲しいところです。内容はカラーと図解でわかりやすくていいのですが、少し薄いような気がしました。質問は電話ではなくメールのみですが、大体2〜3日で返ってきます。勉強中はわからないことが引っかかるので、もう少し早いとありがたかったです。講義はとても見やすく、講師の先生の説明も要点を抑えていてわかりやすかったと思います。

 

講義はわかりやすく、アプリで楽しく勉強できる

行政書士講座利用・40代男性

テキストはフルカラー。講義はわかりやすく楽しく進められます。
過去問題集も多く、サポートもしっかりしています。行政書士を受けたのですが、試験自体が難しく、過去の判例などからの出題、言葉のニュアンス、一般知識等の範囲の広さなど覚える事は沢山あります。つまずいたらDVDも見返して、やる気を保つ工夫が必要です。家にいても楽しみながら勉強ができる「道場破り」というアプリもあるのでそちらも活用しつつモチベーションを保ちました。通信講座としてはいいと思います。

テキストよりも動画の内容が濃い

講座利用・40代男性

講師の癖のあるしゃべり方も、最終的には、笑いに変わっていました。1年がかりの長丁場だったので慣れてきたのでしょう。ということは、そこは問題ではないかも。テキストはカラーで分かりやすく、理解もしやすかった。動画(DVD)もついてくるのですが、テキストよりも内容が濃いため、動画を集中して見ないと目的は達成できなかったでしょう。テキスト内容の充実が図れればと思いますが、この試験は範囲が半端じゃないので、これで致し方ないとも感じています。

とにかく無駄がない・アプリの一問一答が良かった

行政書士講座利用・20代女性

行政書士はかなり試験の範囲が広いですが、必要なところを抜粋し、出題率の低い内容は省いて解説してくれるのでとにかく無駄が無いと感じました。また、過去問も10年分あり、模試も充実していまいた。特によかったのは、道場破りのアプリにある、一問一答で、通勤時間や昼休み等、隙間時間にも常に学習できたところです。また、講義をダウンロードすれば、常に視聴することが出来るので、どこに居てもインプット出来ました。価格も他の口座に比べて安いので、全体的に満足しています。

DVDの中で要点をしっかりと伝えてくれる

通関士講座利用・40代女性

基本的にはDVDとテキストでの勉強ですが、DVDの中で要点をしっかりと伝えてくれるため、やはり独学では難しいんだなぁと思いました。教材を完璧に達成することができれば、合格できると思います。私は事情があり本試験を受けることができませんでしたが、試験の合否にかかわらず、内容がすごく勉強になりましたし、他の講座もぜひ受講してみたいなと思いました。金額も妥当だと思いますし、途中のケアも良かったですし、信頼できると思います。

テキストの見やすさeラーニングシステムについての良い意見が見られました。

しかし、悪い意見の中には「睡魔との戦いになってしまった」という声もありました。やはり通信講座の難点はモチベーションの維持です。

確かに家で1人で勉強していると眠くなり、やる気も削がれていくかと思います。自分で集中して勉強する自信がない方は予備校などに通った方が良いかもしれません。

フォーサイトの価格帯

フォーサイトの価格帯は他社に比べるとリーズナブルです。
行政書士講座を例にとってみましょう。

フォーサイトのバリューセット1講座は(基礎+過去問講座)¥93,600です。
人気資格講座のTACのWeb通信講座は¥259,000、アガルートの入門総合講義は168,000円ですから、フォーサイトはお手軽な価格帯だと言えます。

さらにキャンペーン中には¥61,800円と、他社の半額以下になることもありますので、なるべく安く済ませたいという方はぜひ、このキャンペーンを狙って申し込んでみてください。

どうして安くできるの?

口コミでは「テキストが見やすい」「eラーニングシステムが便利」などの声がみられました。

それでは、どうして高品質なのに安くできるのでしょうか。

その理由は以下だと考えられます。

  • 通信のみのため、教室の維持費がかからない

教室がないことに加え、フォーサイトの本社は駅から少々遠いところにある古くて広さのないビル。 賃料を削った分、講座や教材、スタジオ設備などに投資ができるということです。

  • 必要以上の講師を雇っていない

講師の人数は1つの資格に1人か2人。少人数の優秀な人材を確保することで質を高め、コストを下げることが実現可能となっています。

  • 広告費は最低限に。口コミや紹介で広がる

フォーサイトでは広告はほとんどせず、口コミによって宣伝がなされているようです。サービス業の宣伝広告費は15~20%ほどと言われています。それを最低限に抑えることは大幅なコスト削減につながります。また、大々的に宣伝しなくても口コミで広まるという自信の現れでもあります。

このように、通信教育にいち早く取組み無駄なコストを省くことで、コストパフォーマンスの良いサービスを提供することができるようです。

フォーサイトで受講できる資格一覧

フォーサイトで受講できる資格は実際にビジネスに役立つものが多いのが特徴です。

以下がフォーサイトで受講できる資格の一覧になります。

資格名 概要 講座の詳細
人気No1
宅地建物取引士
人気No1講座。国家資格。不動産取引に関する契約を結ぶ際に「重要事項の説明」を行うことが、唯一法律で許されている。 https://www.foresight.jp/takken/
人気No2
社会保険労務士
国家資格。社会保障制度に携わり、企業の「人」に関するスペシャリスト。 https://www.foresight.jp/sharoushi/
人気No3
行政書士
国家資格。役所に提出する書類の作成等を独占業務として行う法律のエキスパート。 https://www.foresight.jp/gyosei/
人気No4
FP(ファイナンシャルプランナー)
お客様の家族構成や資産状況に合わせたライフプランを提案する、個人の財政的な生涯設計をサポートするスペシャリスト。 https://www.foresight.jp/fp/
簿記 企業で行われるさまざまな経済活動を記録・計算し、整理して経営成績や財政状態などの結果を明らかにする。 https://www.foresight.jp/boki/
マンション管理士・管理業務主任者 コンサルティングなどで快適なマンションライフのサポートをできる資格 https://www.foresight.jp/mankan/
ITパスポート 国家資格。ITを正しく理解し、安全利用や企業のコンプライアンス向上に結び付く知識が備わる。 https://www.foresight.jp/it/
通関士 国家資格。通関手続きの代理代行並びに税関への申請をする。輸出入者に代わり国際物流の正しい手続きを行う。 https://www.foresight.jp/tsukanshi/
旅行業務取扱管理者 旅行業法で規定されている、旅行業者や代理業者の旅行契約に関する取引の管理・監督をする責任者。 https://www.foresight.jp/ryokou/
診療報酬請求事務能力認定 多くの医療事務資格の中で、唯一の公的な試験。 https://www.foresight.jp/iryo/
中小企業診断士 国家資格。経営コンサルタントの技能を証明することができ、ビジネスシーンで活躍できる。 https://www.foresight.jp/chusho/
年金アドバイザー3級 年金に関する幅広い知識と、それを実際の事例にあてはめる応用力が身に着く。 https://www.foresight.jp/nenkin/
危険物取扱者乙種4類 3種類に分かれる危険物取扱者のなかでも最も受験者数が多い。ガソリンスタンドなど危険物を取り扱う現場で必要とされる。 https://www.foresight.jp/kikenbutsu/
公務員試験(一般知能) 国家公務員・地方公務員試験を問わず、筆記試験で必ず出題される科目が一般知能(数的処理)。 https://www.foresight.jp/koumuin/
裁判所事務官(一般職・大卒程度区分) 裁判所職員になるために突破しなければならない試験。 https://www.foresight.jp/koumuin-saiban/
インテリアコーディネーター インテリアや住宅に関する幅広い知識と専門的な技術を駆使して、室内全体をプロデュースするエキスパート。 https://www.foresight.jp/ic/

まとめ

口コミで一番評価を得ていたのが、「教材の見やすさ」「eラーニングシステム」でした。反面、「テキストの誤植の多さ」「メール質問」など不満な点も見受けられました。これはコスト削減の結果生み出されてしまった側面かもしれません。

しかし高い合格率を有しているのは確かです。コスパを重視する方にはフォーサイトの通信講座をおすすめします。

合格への道は講座選びから始まっています。

ぜひ他の講座とも比較し、ご自身に合った講座を選んでください。

合わせて読みたい

監修 資格LIVE編集部
会社や社会に役立つ資格や、資格取得方法、勉強法、必勝法を徹底リサーチ中!