FP(ファイナンシャルプランナー)ってどんな仕事?〜業務内容から就職先まで〜

FP(ファイナンシャルプランナー)ってどんな仕事?〜業務内容から就職先まで〜

「ファイナンシャルプランナーってどんな仕事をするんだろう?」「どこに就職できるの?」

よく耳にする資格ですが、どんな職業なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ファイナンシャルプランナーの仕事内容や就職先まで、気になるポイントをご説明します。

FPの仕事の概要

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、主に、個人のお客さまを対象に、資産に関する情報分析や、資金計画の設計、助言を行う職業です。不動産、住宅ローン、投資、教育、税金、相続、老後といった様々なライフステージにおけるお金のエキスパートです。

FPはあくまでも仕事を表す名称であるため、資格がなくても働くこと自体は可能です。しかし、専門的な知識が求められるため、ほとんどの人は資格を持って活躍します。

FPには複数の資格があり、代表的なものに国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)」があります。他にも民間資格のAFPとCFPというものもあります。

大きな違いは、FP技能士には期限がないので生涯有効ですが、AFPとCFPには期限があるということです。

他にもFP技能士は3級・2級・1級とあるのに対し、AFP・CFPはその2段階の級に分かれている、などの違いがあります。

FPが担う役割

FPの役割を一言でいうと、「各分野の情報を総合的に活用してお客様の人生設計を一緒に考える。その中に、問題点を見つけ、お客さまの立場で解決方法を考える」と言えるでしょう。
お客さまが、安定した生活を送りながら人生の目標を達成できるよう、長期的な視点で適切なアドバイスを行ういます。

また、相談内容のひとつに「資産運用」に関することがあります。そこでは、さまざまなリスクを想定し、それらを分散してコントロールするための方法を提案しなければなりません。お客さまの目標に合わせた検討を行うほか、リスクが高い商品を取り入れたいのか、安定性の高い商品で運用したいのかなど、お客さまのご意向を確認することが必要です。

そのほか、事故や災害など様々なリスクに備えるための保険商品のうち、お客さまに適切と思われるものをご提案することもあります。

FPの仕事内容

お客さまの生活設計

FPの主な仕事は、人生を通しての生活設計(ライフプラン)をお客さまと一緒に考え、課題を明確化し、解決するお手伝いをします。
生涯生活設計とは、就職、結婚から老後の生活まで、それぞれのライフステージごとに資金計画を立てることです。

流れは以下の通りです。

お客さまの家族構成や収入などの情報をヒアリング
⇨個人のバランスシートを作成して、現状の把握
⇨問題点と改善方法を考え、ライフイベント表を作る
⇨ライフステージごとの資金を算出してキャッシュフロー表を作成
⇨これらを元に、将来に予想される問題点とその改善方法を考え、提案書を作成

資金計画のアドバイス

FPは、お客さまと一緒にライフプランの作成を行い、さらにお客さまが不安を感じることに相談にのったり、アドバイスをしたりします。

それぞれのライフプランは全く異なっているため、お客さまに寄り添ったアドバイスを行うことが大切です。

FPの実際の業務の流れ

実際のFPの業務の流れを見ていきましょう。

新規顧客獲得のため説明会やセミナーなどを開く
⇨ライフプランを作成
⇨必要資金の算出
⇨それを元にお客さまの悩みをヒアリングし、解決法を考える

また、お客さまの未来に対する負担を軽減させるために、資産運用のための商品紹介を行ったりすることもあります。
計画設計を行うだけではなく、お客さまと長いお付き合いを行う中で、目標達成ができているかを確認したり、さらに効率的な資産運用ができないか考えたりしていきます。

FPの働き方

企業か独立か

FPとして仕事をしている人は、大きく「企業に所属して働く人」「FPとして独立して仕事をしている人」の2種類です。
前者の場合は、FPの資格を取り、その肩書を使いながら企業の一社員として働いています。業務において資格が必須ではなくても、資格があるとお客さまからの信頼が厚くなることが予想されます。そのため、企業の中には、資格を取ると昇格したり特別な報酬・手当がもらえたりする場合があります

一方、独立して働くFPは、特定の企業の商品をセールスするという縛りがないため、お客さまに対して幅広い選択肢を与えられるという強みがあります。しかし、顧客獲得を自分で行う必要があるため、大企業の看板なしで勝負しなくてはいけません。個人の営業力や実力が如実に結果に現れる、シビアな世界です。

企業勤務

  • 約9割が企業で働いている

「企業系FP」といわれる多くの人たちは、金融系企業の社員として仕事をしています。

日本では、現状でFPの約9割が企業系FPといわれています。配属部署はさまざまですが、営業職などの職種の人がFP資格を持って働いていることが多いです。この場合には、資産運用やローンなどの商品の営業販売にあたり、顧客の悩みやニーズを把握して一人一人に合わせた提案を行うことが期待されています。

  • 金融業界

企業系FPのほとんどは、銀行や証券会社・保険会社などの金融機関に勤務しています。

先述のように、主に営業職の人が自社商品の提案やお客さまのライフプランニングをしたりする際に、FPとしての資格や知識を活用します。たとえば、銀行や証券会社では、資産運用として株や投資信託・債券などを勧めますし、保険会社では生命保険や学資保険などを提案します。

業務にFPの専門知識が直結するため、金融業界の企業の中には入社後、FP資格の取得を必須としているところもあります。また、FPの資格を持っていることで転職時に有利に働くこともあり、キャリアアップに役立つ場合があります。

  • 不動産業界

FPの知識は不動産業界でも活用できます。

不動産投資や不動産売買には、FP試験の科目になっている、金融資産運用、タックスプランニング、ライフプランニングと資金計画などの内容が関係します。

また、不動産相続を希望するお客さまに対して、相続・事業継承の分野の知識を活かして助言を行うことができます。
このような事情から、不動産会社では宅建と併せてFP資格の取得が歓迎されています

独立系FP

FPのなかには、独立開業する人もいます。このような人は個人事業主として、あるいは独立開業をして法人化し業務を行います。
このようなFPは独立系FPと呼ばれ、個人顧客の相談業務が主な業務内容です。

顧客の相談を受けるだけではなく、各々のFPが自分の専門分野を持ち、得意分野を生かしてセミナーの講師をしたり記事を執筆したりすることもあります。また、独立して保険代理店業務を手掛ける人もいます。
個人で自分の力を試して仕事をしていくことができるのが、独立系FPの特徴です。

FPに関連している職業

不動産、年金、保険、金融資産運用など、それぞれの分野でFPよりも詳しい専門家として活躍する人たちがいます。FPは資産運用のプロではありますが、そのような専門家に繋ぐ窓口的な役割を担うこともあります。

たとえば、相続や資産承継など大きな金額が動く場合や、不動産が動く場合などでは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士などとの連携・協力が必要になる場合も考えられます。

どのような場合にどの専門家の助言を受けるのが適切か、お客さまにアドバイスするのも、FPの大切な役割です。このように他の専門家と共に、包括的にお客さまの悩みを解決していくのです。

まとめ

では最後に、FPの仕事内容・就職先についてまとめておきましょう。

まとめ
  • 主な仕事はお客さまの生活設計と資金計画
  • 働き方は企業系と独立系があり、90%が企業勤務
  • ほとんどが銀行や証券会社・保険会社などの金融機関で働いている

ファイナンシャルプランナーの仕事内容や資格の特徴について説明しました!

仕事だけでなく日常生活にも役立つFP資格、皆さんも是非取得を目指しましょう!

■監修者より一言

FPは、主に個人のお客様の人生の、就職、結婚、教育、住宅、投資、税金、年金、老後、相続などといった様々なライフステージにおいて、お客様に寄り添いながら、問題点を見つけ、解決方法をアドバイスするお金の専門家です。

お客様の不安を解消し、長期的な視点で適切なアドバイスを行い、人生を幸せに導く指南役だとも言えます。FPの約9割は企業勤務ですが、特に、FPで独立して食べていくには、自身で「お客様に何ができるか」を問うことです。

お客様はFPの資格を持っている人だからといってお金は払ってくれません。自分のためになることをアドバイスしてもらったときに、初めてお金を払ってくれるのです。アドバイスにより、お客様に少しでも役立つことができれば、FPとしてこの上ない喜びを感じることができるのです。また、日々の情報収集や自己研鑽は、欠かすことができない要素です。

記事監修

FP(ファイナンシャルプランナー)監修者 水上克朗

ファイナンシャルプランナー。慶応義塾大学卒業後、大手金融機関にて、営業・企画・総務・クレジット業務など第一線を経験。ファイナンシャルプランナーの知識を活かし、自身のライフプランを見直し、老後1憶円資産の捻出方法を確立。現在、会社勤務と並行して、執筆、監修、セミナー・研修講師、FP個別相談、FP資格取得講座、などで、ライフプラン、金融資産運用の観点から、アドバイスを行っている。

著書に「50代から老後の2000万円を貯める方法」がある。

『水上克朗』さん著書
50代から老後の2000万円を貯める方法

アチーブメント出版
『50代から老後の2000万円を貯める方法』
著者:水上克朗