【合格体験記】『FP2級』試験合格!通信講座ユーキャンやYouTubeを併用した勉強法を紹介!

今回は通信講座で有名なユーキャンやYouTubeなどを利用し。FP2級を合格することができた「N・I」さんの合格体験記を元にFP2級の合格の秘訣をご紹介していきます。

FP2級を受けた理由

元々趣味であった貯金・節約の知識を深めて生活に生かしたいと考え、FPを受験しました。

資格取得に興味を持ったきっかけは、会社で加入したiDeCoや人に進められて加入した投資信託の事をよく理解できておらず、自分のためにお金の知識をつけることが必要であると考えたためです。

勉強時間と方法

休日も家で過ごすことが多く、時間を持て余していたため、この時間でFPの勉強をすることで充実したプライベートを過ごすこともできると考えました。

しかし、過去資格取得の勉強は何度か挑戦しましたが、全て挫折していました。

テキストを購入するのみで、その後やる気を失って勉強をやめてしまうパターンが多かったです。

そのため今回は、「ユーキャン」を選びました。理由はサポートが充実している通信講座なら、最後まで続けられるのではないかと考えたためです。費用も決して安くないので勉強のモチベーションにつながると考えました。

FP資格には3級と2級がありますが、ユーキャンでは初めから2級を受験できる資格を得られることも魅力的でした。※通常2級を受験するためには実務経験や3級の取得が必要です。

結論、私は試験を1度受けて不合格となってしまいましたが、FP資格の勉強をして良かった!と心から思っておりますので、受験を検討している方に少しでも私の勉強法をお伝えできますと幸いです。

※今回は”日本FP協会“の試験を受験しています。

ユーキャンの通信講座が届いてから

講座はテキスト6冊を中心に、添削課題や模擬試験、過去問題もセットです。

しかし、予定試験日まで半年の時間があり、比較的ゆとりがあったためか、ただただテキストを眺めるという勉強法を行っていました。もちろん頭に入ることもなく、内容が理解出来ていないのでつまらないと感じ、勉強から離れてしまうようになりました。

結果、テキスト1冊目の半分ほどで一度挫折をしてしまいました。

その後、教材に触れないまま時が過ぎ、気が付けば試験1ヶ月半前となってしまいました。このままでは本当に試験を受けることができない…と焦り、どうにか勉強しなくてはと思いながらもスマホに現実逃避をしてしまう日々でした。

そこで私が新たに始めたのは現実逃避先であったスマホで出来る“YouTube”、“過去問サイト”をユーキャンと併せて活用した勉強法でした。

YouTubeと過去問サイトを生かした勉強方法

私が見ていたYouTubeは「おーちゃん【1級FP技能士】TV」様のチャンネルです。

実際に1級FP技能士の資格を持った“おーちゃん”先生が講義スタイルでFP試験対策をしてくれるチャンネルです。

最短35時間でFP3級に合格」と短い勉強時間で合格できるよう要点を抑えた動画が多く、時間のない私でもまだ間に合うのではと希望の光が見えました。

具体的には動画を見て、板書や先生の口頭で話した内容をとにかく全てノートに書き込むという勉強方法を行いました。

おーちゃん【1級FP技能士】TV
チャンネル登録者数 2.04万人

【究極!最短35時間でFP3級を攻略する方法!】全6回 学科編 ライフプランと資金計画

ユーキャンの通信講座では「ノートを作るのは不要でテキストに直接書き込む」という勉強方法が推奨されていたと思いますが、私はなかなか頭に入れることが出来なかったので、ノートに記載していきました。

使用したノートは無印良品の文庫本ノートです。文庫本ノートの1枚あたり1講義として文字や図を大きく書き、どんどんページを使用していくスタイルで活用しました。文字を大きく書くことで覚えられますし、ノートの記載ページが増えていくほど「勉強した」達成感が得られると感じたためです。

試験に出るポイントを抑えた語呂合わせも、教えてくれたので、問題が解けるようになっていき、楽しくなってきたことを覚えています。

YouTubeで学んでノートに記載をしてからユーキャンのテキストに必ず戻り、今回学んだ内容がどこに記載があったのか?ということを必ず確認することで理解を深めることができました

次に、過去問サイトである「過去問道場」様でひたすら過去問を解きました。過去問道場では、間違えた問題だけを抽出して再度出してくれる仕組みもあるため、自分の苦手な分野が見つかりやすかったです。意外と問題が解けないと苦手意識を感じたり、間違いが多い場合には、ノートやユーキャンテキストに戻り再度確認する、ということを繰り返しました。

(出典:過去問道場

勉強時間

力を入れて勉強し始めたのは試験日前の1ヶ月半前ほどでした。平日は朝早くから夜遅くまで仕事でしたので、通勤時間にYouTubeの「耳で覚えるFP語呂合わせ」を聞いていました。休日には出来る限り予定を入れず、4,5時間ほど勉強しました。

科目項目ごとの勉強法〜学科試験〜

ライフプランニングと資金計画

FP資格において最も重要な科目と言われています。この科目を押さえていれば試験で大きく点数を伸ばすことが出来るとのことで、一番重点的に勉強しました。特に覚えれば必ず得点できる計算問題や、ほぼ試験に出るポイントを早く完璧にすることで、できる問題を増やし、自信をつけられるようにしました。

リスク管理 金融資産運用

リスク管理と金融資産運用は保険や資産運用など、一般会社員の私でも身近に感じられる内容が多く、理解しやすい分野でした。一方で、リスク管理の法人向けの内容は難しく、ユーキャンの質問システム等を使用し、教えてもらうことで何とか習得しました。

金融資産運用は最新の内容も多いので、最新の過去問を解くと良いと思います。

タックスプランニング

タックスプランニングは総合課税と分離課税の分野を覚えることに注力しました。この部分がしっかり理解できていると解ける問題が多くなる印象でしたので、優先度を上げて勉強するのがおすすめです。

不動産 相続・事業継承

私が特に難しいと感じたのはこの2科目でした。自分にまったく身近ではない話だったからです。他のテキストでは実際の家族に当てはめて覚えるとよい、というアドバイスもありますが、私はその方法ではなかなかイメージができませんでした。

そこで、私はこの2科目に関してはとにかく丸暗記をすることにしました。過去問の場数を増やし、試験を乗り切るための勉強方法に切り替えました。

自分の知識のために受験を決めたので、心苦しいような気もしましたが、そんなことをいっている余裕もなかったので、理解は二の次で問題を溶けるように進めていきました。

科目項目ごとの勉強法〜実技試験〜

実技試験はパターンがいくつか決まっているので比較的得点しやすい科目だと思います。「学科も実技も…」と両方欲張ってしまうと勉強の時間がないと焦ってしまうかもしれませんが、学科ができるようになっていればほぼ実技は得点できます。

しかし、私が強くおすすめしたいのは必ず自分の手で計算問題をとき、最後まで答えを出してから採点をする勉強方法です。

私は「どうせ問題は本番変わるのだから、解ける方法の計算式がわかっていれば良い」と考え、一つ一つ丁寧に計算するよりも、とにかく問題パターンを多く解くことを重視していました。そのため問題文を全文読まずに、重要な部分だけ抜き取って計算をしていました。

その結果、本番の試験で四捨五入のミスをしてしまいました。具体的には、問題文の最後に記載されている「万円未満を四捨五入」や「千円未満を四捨五入」の読み取りができていない、という大変基礎的な内容でした。

私もまさか四捨五入でひっかかるとは思ってもみなかったのですが、過去問を多く解くことに満足しまい、一つ一つの設問を大事にできていなかったのかもしれません。実技では最後の回答まで気を抜かずに練習いただくと良いと思います。

本試験当日

本試験では、試験会場で多くの受験者の皆さんが参考書を片手に集中しているので非常に圧倒されます。午前の学科が終わると、お昼休みになります。余談ですが近くのカフェ等に入ると受験者の方と遭遇する確率が高いと思います。私は周りの方が学科の丸つけなどを始めてしまったので、イヤホンをして聞かないように実技の見直しをしていました

午後は実技です。開始直後から電卓の音が鳴り響き、かなり緊張します。この場から早く抜け出したい、解放されたいと思うほどに緊張したので、試験が終了した時の開放感はとても高かったです。

結果は残念ながら不合格でしたが、今回FP試験の勉強を行い何かに打ち込むことの楽しさを学んだと思います。コロナウイルスの関係でまだ試験が受けられていませんが、次の機会にまたチャレンジし、次は合格できるようにしていきたいと思います。

執筆・監修 N・I
北海道に住む20代会社員。趣味は貯金でSNSで節約術を収集するのが大好き。日経womanが愛読書で、意識高い女性に憧れて資格勉強に興味を持つ。勉強中の資格はFP2級、他興味があるのはITパスポート等。