FP(ファイナンシャルプランナー)の基礎情報

『FP(ファイナンシャルプランニング)』とは

個人、あるいは企業(主に個人が多いですが)において、全般的な『お金』について相談を受け、アドバイスや計画を作成する仕事、もしくはその資格になります。一般的な事案については2級までの資格で概ね網羅(それ以上は別途税理士などの資格がないと追随できない部分があるため)でき、さらに企業のより高度で複雑な問題に応じられる知識・技能を有していることを示せる『AFP』『CFP』という上級資格も存在します。一般的には個人の相談では2級、企業の相談ではAFP・CFPないし、1級の資格を持っている人が応じることが多いです。

「FP(ファイナンシャルプランニング)」仕事内容

仕事内容

ファイナンシャルプランナー(FP)は、主に個人のお客さまに対して、資金計画をアドバイスするお仕事になります。お客さまのライフプランや夢を伺い、ライフイベントに沿った、実現できる長期的なアドバイスを行います。年金、保険、税金、住宅ローン、教育、老後、相続、不動産など、お金のエキスパートとして総合的に検討します。そのため、年金制度、保険、税制、住宅ローン、教育資金、不動産、家計など、様々な知識が必要になります。

年収・給料・収入

ファイナンシャルプランナーの平均年収は、300万円から400万円で、平均月収は約30万円前後です。
人によって大きく差が出るのも特徴で、200万円から1,000万円と幅があります。
働く業界や、働き方、また年齢などにも左右されます。
独立に強い資格でもありますので、人によっては独立した方が年収が増える方もいるでしょう。

業界別に平均年収を見ると、不動産業界がもっとも高く、次いで銀行業界、証券業界が同程度になります。
不動産業界の平均年収は650万円です。家を建てるタイミングでライフプランを見直す方が多いため、成約率と共に年収が上がります。
銀行業界の平均年収は400万円です。銀行業界は昇給が見込めるため、年齢と共に年収が上がります。
証券業界の平均年収も400万円です。ライフプランのアドバイスに留まらず、金融商品の開発なども仕事の一環になりますので、より幅広い仕事をしたい方に向いています。

就職先・活躍できる場所

ファイナンシャルプランナーの就職先は、銀行や保険会社など、お金を取り扱う業界がすぐに思い浮かべると思いますが、他にも様々な業界で活躍できます。やはり、FPの資格がダイレクトで活かせるのは、金融業界です。銀行のほか、保険会社や証券会社です。自社の株や投資信託、ローン商品や保険商品など試験で身に付けた知識をそのまま活かせます。様々な相談をコツコツと受けることが好きな人に向いています。

金融業界に次いで、不動産業界も期待できます。住宅ローンのほか、保険や税金面まで含めたアドバイスを行います。FPの中で平均年収がもっとも高い業界で、責任のある仕事を行いたい人に向いています。その他、年金事務所、税理士事務所、公認会計士事務所、コンサルティング会社なども就職先になります。

資格取得のメリット

就職の際に強みになる事が挙げられます。これは企業経理などを行う際に簿記などでは一切触れられない『経理観念』を養うことができるため、資格学校を出た人たちよりも大きく前に抜きにでることが可能になります。また、それとは別にFPで培った知識(特に個人資産関係)を活かすことで自分自身のライフプランを見直したり、再策定することができることがとても大きいです。これのおかげでいわゆる『死ぬまで働いてお金を稼ぐ』という考えから解放され、『自分のやりたい事をやりきるにはどれくらいのレベルで働けばいいのか』などの、より幸せになるための行動につなげていけることができます。

『FP』合格体験談

勉強時間・対策・費用

3級の資格については毎日1時間ほどの勉強をすれば約3ヵ月で取得可能す。また、費用についても市販されているFP3級用の本が1冊(実際は教本1冊と問題集1冊の計2冊になります)あれば十分合格することは可能です。なお、2級については毎日1時間ほどの勉強を約3ヵ月続けることで取得することは可能ですが、問題の範囲が広く、そして深くなるためあまりオススメできません。現実的な合格可能性を考慮すると、毎日2時間ほどの勉強を半年続けることでかなり現実的な線を狙えます。なお、費用についてはしっかり勉強する場合は3級と同様に教本・問題集が1冊ずつあれば事足ります。

難易度・試験情報

試験情報

近日更新

難易度・合格率、合格点

ファイナンシャルプランナーは資格試験の登竜門のような資格です。保険、金融、法律、税務などいわゆるマネー関係に関する知識が広く浅く問われます。下から3級に始まり最上位が1級です。試験の科目は学科、実技とあります。3級は常識的な知識の範囲が問われ、会社で総務の仕事をなさる方なら大抵合格できると思われます。合格率も80~90%です。2級となりますと知識の深度と実技試験での計算能力が問われるようになります。合格率は40%という所です。最上位の1級になると実技の合格率は80%なのですが、学科が10%と大変難関となっています。合格点は3級、2級とも学科60点、実技50点の6割です。1級は基礎編、応用編合わせて200点の6割となっています。

「FP(ファイナンシャルプランニング)」の現状、問題、将来性

将来性について

税金、保険、不動産、年金、資産運用など幅広い知識を有し、広い視野で資産設計の提案ができるため、保険、住宅、金融業界など多くの業界で必要とされる人材となるだけではなく、個人の住宅購入、老後の備えなどプライベートでも大いに役立つ。得意分野で他の資格と合わせて、強味を生かせば起業して活躍することも可能である。

AIとの代替性

AIは膨大なデータ収集を行うことで決まったパターンを読み解いてその時の最善を提案することは可能である。しかし、ファイナンシャルプランナーは日々、変わる顧客のライフスタイルの変化、意向なども信頼関係を構築し、聞き取り提案することができる。この点ではAIの強みを生かすこともできるが、基本はファイナンシャルプランナーが顧客と継続して信頼関係を築き、その時々にあった提案をしていくことが必要である。

「FP」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

FPの仕事はライフプランニングに始まり不動産、相続、保険、年金など、幅広い知識を必要とします。お客様にアドバイスをする際にも、他分野の知識を持っていることで幅広い提案が出来るようになり、活躍の領域を拡大することができます。具体的にダブルライセンスとしておすすめの資格としては、社会保険労務士や年金アドバイザー、日商簿記、行政書士、税理士、宅地建物取引士などが挙げられます。これらの資格を組み合わせることで、お客様の相談に乗れる範囲も広くなり、他のFPとの差別化を図ることもできます。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

「FP」監修・執筆ライター一覧

近日更新

『FP』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新