外務員(証券外務員)の基礎情報

『外務員(証券外務員)』とは

銀行や証券会社などの金融機関で、金融商品(証券・株式・信用取引など)の取り引きを行うために必要な資格です。

証券外務員の資格はⅠ種とⅡ種に分かれており、Ⅱ種は現物の株式の取り扱いしかできませんが、Ⅰ種になると信用取引やデリバティブ取引といった高リスクの商品まで取り扱いができます。企業においては証券外務員Ⅰ種を取得すると、内部管理責任者という金融関係の支店・部署の管理職といったポジションが狙えるようになります。

証券外務員はこのように金融取引の専門家といった位置付けです。

「外務員(証券外務員)」仕事内容

仕事内容

銀行や証券会社などのあらゆる金融関連業界で、金融商品の取り引きをすることが主な仕事内容になります。

有価証券の売買・委託等の勧誘、つまりは営業職に該当することが多いです。顧客に対して資産運用の有効性やリスクなどをご説明することで、金融商品を取引してもらうことにつながるでしょう。

資産を少しでも運用したいと考える個人投資家は多いですが、これらの金融商品を使って上手く運用できるか心配という方がほとんどです。証券外務員は金融商品の知識を活かして顧客ニーズに合った資産運用方法を提案することが求められます。

年収・給料・収入

証券外務員Ⅱ種を取得し、一般的な営業職の平均年収は300〜600万円
証券外務員Ⅰ種を取得し、コンサルティングや管理職をしている人の平均年収は400〜800万円
となります。証券外務員Ⅰ種を取得し管理職のポジションに就いている方は比較的年収が高めです。

証券外務員として収入を上げるには、金融取引の営業成績・個人での投資経験や実績を積むことです。これらの経験値を積み評価されれば、年収700〜800万円といった企業に転職することも可能となります。

就職先・活躍できる場所

外務員の就職先としては銀行や証券会社が主になりますが、金融業界全般で活躍できます。

業務内容としては、金融商品の営業・コールセンターでの顧客対応・資産運用管理などが中心となります。

特に銀行・証券会社に就職した場合、ほぼ確実に証券外務員Ⅱ種の取得は求められるでしょう。一部保険会社でも取得を求められることがあります。

金融機関は正社員の求人が多いですが、派遣社員として働く場合でも、証券外務員Ⅰ種の資格を持っていると高時給で働くことが可能です。

資格取得のメリット

外務員は金融業界の就職・転職の際に有利になります。銀行・証券会社で働く際には、少なくとも証券外務員Ⅱ種の取得が求められますので、この資格を持って就職するとすぐに実務に取り掛かることができます。

低金利状態となる日本では、これから少しでも資産運用をしたいという方・会社は増えることでしょう。そのため証券関連のアドバイスができることは、とても需要のある資格と考えられます。

またビジネスパーソンとして最低限の金融知識を身につけることができるので、私生活での資産運用にも活かすことができるでしょう。

『外務員(証券外務員)』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

証券外務員に必要な勉強時間は、Ⅱ種で40時間程度、Ⅰ種で100時間程度といわれています。
勉強時間に余裕のある人や金融業界で長く働いていきたいと考えている人は、Ⅰ種を目指すことをオススメします。

テキストを購入し独学で勉強される方が多いですが、通信講座もあります。
料金も1〜3万円程度ですので、もしご自身で勉強することに自信がなければ、通信講座を受講してみてもいいでしょう。

証券外務員は勉強時間・費用ともに低いリスクで学習が進められます。

難易度・試験情報

試験情報

証券外務員はⅡ種・Ⅰ種ともに誰でも受験が可能です。

日程は祝日を除く月〜金で受験ができます。オンラインからID登録をして申込が一般的です。

試験内容ですが、Ⅱ種はパソコン試験が70問(300点満点)、Ⅰ種はパソコン試験が100問(440点満点)

試験時間はⅡ種が120分、Ⅰ種が160分です。

受験料はⅡ種・Ⅰ種ともに8866円で、クレジットカードやコンビニ払いとなります。

合格発表は受験終了後すぐに発表され、帰りに「外務員試験受験結果通知書」が渡されます。70%以上の正答率となっていれば合格という扱いです。

難易度・合格率、合格点

証券外務員試験の合格率は、Ⅱ種・Ⅰ種ともに65%程度です。試験は70%以上の正答率があれば必ず合格する絶対評価の試験ですので、十分な勉強をして臨めば問題なく合格のできる試験となります。

また不合格になったとしても30日以上空ければ自由に試験日を選べるので、お好きなタイミングで受験に臨める点も魅力ですね。

銀行や証券会社など一部の金融業界に限られますが、難易度の割には非常に実用性の高い資格だといえるでしょう。

「外務員(証券外務員)」の現状、問題、将来性

将来性について

証券外務員の将来性は、10年後にはほとんどの仕事がAIに代替される可能性が高いといわれています。
理由は人件費のかからないネット証券や銀行との格安手数料と戦うハードルが年々高くなっているからです。

また現代はネットで情報が簡単に手に入る時代です。対面営業を受けてアドバイスを求める個人投資家は年々減っていくことが推測されます。

証券外務員として長きにわたって活躍するのなら、今のうちからお客様との人間関係を築いていくことが大事です。AIに全てを任せるのは不安というお客様も一定数いると思うので、こうした方々からの信頼を集めることがAIに代替されない証券外務員の特徴と考えられます。

「外務員(証券外務員)」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

証券業界で資産運用のプロを目指す場合には、証券アナリストの資格を合わせてとることで強みとなります。
また証券アナリストの米国版の資格「CFA」の資格をとると、海外の日経金融機関で働く道も見えてきます。

またファイナンシャルプランナー(FP)の資格もダブルライセンスとしてオススメです。
学習内容は重なる部分が多く、FP試験でお金に関する知識の土台を固め、証券外務員試験でより資産運用に対して深く学ぶことができます。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

「外務員(証券外務員)」監修・執筆ライター一覧

近日更新

『外務員(証券外務員)』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新