インテリアコーディネーターの基礎情報

『インテリアコーディネーター』とは

インテリアコーディネーターはお客様から「どんな生活をしたいか」をヒアリングします。
その上で「こういった空間の部屋に住みたい」というやや感覚的な要望に対し、具体的な住居空間をデザインします。

「毎日の生活を快適に過ごしたい」という気持ちは誰もが持っているでしょうが、その快適さの内容は人によって異なります。
インテリアコーディネーターは住宅や商品に関して幅広い知識やスキルを持ち、家具・家電・カーテン・照明などの商品をトータル的にプロデュースをします。 

「インテリアコーディネーター」仕事内容

仕事内容

インテリアコーディネーターの基本的な業務は以下の流れです。

まずお客様の家族構成・ライフスタイル・趣味・予算などをヒアリングします。
そしてヒアリングした情報をもとに部屋全体をイメージし、イメージプランに沿った商品を選んでいきます。
その後お客様に具体的なイメージを持ってもらえるようプレゼンテーション・見積書を提示し、契約に至ります。
契約後は不具合が生じていないかのアフターフォローなども行います。 

それぞれの得意分野・専門性を持ったインテリアコーディネーターも多くいます。

年収・給料・収入

インテリアコーディネーターの平均年収は約380万円といわれています。ただし勤め先や雇用形態・勤続年数・スキルなどによって大きな差が見られ、成果によって報酬が大きく変わるような仕事です。
フリーランスの人気インテリアコーディネーターには年収1000万円を越す人もいます。.

初任給は月20〜25万円程度と平均的ですが、インテリアコーディネーターの資格があることで資格手当など給与面で優遇される企業も多くあります。

就職先・活躍できる場所

インテリアコーディネーターの就職先は、インテリア関連商品のメーカー・インテリアショップ・住宅メーカー・リフォーム会社・建築事務所など様々な住宅関連業界です。
企業規模の大きい会社に勤めると、レストランやカフェ・ホテル・オフィス・学校・病院など商業施設や公共施設のコーディネートを手がけることもあります。

また結婚や出産後もスキルや経験を活かせる職業として、女性からの人気が上がっている仕事です。 

数は少ないですが、独立して活躍されているインテリアコーディネーターもいます。

資格取得のメリット

インテリアコーディネーターの仕事自体は、実は資格がなくても行うことができます。
しかしインテリアコーディネーターとして活躍したい場合は、資格を持っておくことで有利になることが多いでしょう。

近年では自宅の住空間にこだわりを持つ方が増えました。 こうしたお客様にお会いした時、「インテリアコーディネーターの資格保持者」ということを伝えられると権威性がつき、 お客様からの安心感を獲得できることでしょう。 

もちろん実践的な業務においても非常に役立つ資格ですし、人気な資格のため就職や転職の際にも有利となることが多いです。

『インテリアコーディネーター』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

インテリアコーディネーターに合格するための必要勉強時間目安は、最低300時間といわれています。 多くの方は6か月程度の勉強期間を得てから受験されます。

インテリアコーディネーターの試験範囲は幅広く、基礎知識から最終的には建築構造家住宅設備、法律や制度についても勉強しなければならないのです。

インテリアコーディネーターには独学で合格するかと講座・スクールに通って合格する方に分かれます。
独学の方はひたすらテキストや過去問を繰り返しといての対策、講座やスクールに通う方は約6か月のカリキュラムをこなして合格します。

費用は通信講座で5〜6万円程度が相場です。 

難易度・試験情報

試験情報

インテリアコーディネーター試験には受験資格がありません。

試験は1次試験(学科試験)と2次試験(論文・プレゼンテーション試験)があります。
1次試験は例年10月に行われ、160分のマークシート形式です。
2次試験は一次試験の合格者を対象に例年12月に行われ、180文の記述式試験です。

1次試験に合格した方は、次年度から3年間1次試験が免除されるため、再度挑戦のしやすい試験制度にもなっています。

受験料は1次試験と2次試験を合わせて14850円です。 

難易度・合格率、合格点

インテリアコーディネーター資格試験の合格率は25%程度と、そこそこ難易度の高い資格となります。

特に2次試験ではインテリアを提案するためのプレゼンテーションスキルや、コーディネーターの資質を論文で問われます。実際の顧客からの難しい要望に応えなければならない課題が出され、非常に実務的な試験となります。
この2次試験対策に多くの受験生が苦労している印象です。

インテリアコーディネーター試験には合格基準点は公表されていません。

「インテリアコーディネーター」の現状、問題、将来性

将来性について

インテリアコーディネーターは現在でも活躍できる場がたくさんあります。今後もさらに働き方は多様化していくことでしょう。

住宅業界では近年リフォームが盛んになっています。高齢化社会が進んで自宅をバリアフリーにしたり、空き家となった家を古民家に再生したりするようなリフォームに関する需要が大きく伸びているのです。 

今後は多様化する消費者のニーズに答えられるインテリアコーディネーターが求められますが、時代の変化に対応できれば十分な将来性が期待できる職業だといえるでしょう。

「インテリアコーディネーター」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

インテリアコーディネーターが合わせて取りたい資格は、以下の3つです。

⑴:二級建築士
インテリアコーディネーターが密接に関わる建築物の設計や施工管理に関する資格であり、このダブルライセンスにより建築からデザインまでの業務を幅広くこなすことができます。

⑵:インテリアプランナー
インテリアプランナーはインテリアコーディネーターの上級版資格で、よりインテリアに関する幅広い知識を持ち、設計や工事管理にも携わります。

⑶:宅地建物取引士(宅建)
宅建士は不動産取引に関する資格です。インテリアコーディネーターは住宅のインテリアを取り扱うため、不動産に関する知識を持っておくことでさらに活躍の場が広がります。
宅建士は資格手当の出る企業も多いため、収入アップにもつながります。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

『インテリアコーディネーター』監修・執筆ライター一覧

近日更新

『インテリアコーディネーター』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新