ITパスポートの基礎情報

『ITパスポート』とは

ITパスポートとは通称「iパス」と呼ばれる資格で、ITを利用するすべての社会人や学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格です。

現代ではどのような業種・職種においてもITに関する知識やスキルは不可欠であり、社会人としての戦力に大きく関わってきます。

ITパスポートではAI・ ビッグデータ・IoT・セキュリティなど新しい技術の知識や、マーケティングや財務・法務などの経営全般知識、 これら幅広い分野の総合的知識を習得していることの証明となります。

「ITパスポート」仕事内容

仕事内容

ITパスポートは職業名ではないので、特別専門的な仕事があるわけではありません。ただし非常に沢山の仕事内容において、経営管理や業務効率化などのシーンで役に立つスキルとなります。

例えば事務職では、少ない求人に多くの方が応募している人気職種ですが、ITパスポートの資格を持っている方は優遇されやすいです。

またITエンジニアとしてはレベルの低い資格ですが、テクニカルサポートのオペレーターなどの基本的なIT知識が求められる職場では、ITパスポートの知識やスキルを活かすことができます。

年収・給料・収入

ITパスポートの資格を持って働いてる人のデータでは、平均年収は380〜500万円程度と推定されます。平均年収が幅広く曖昧な理由は、ITパスポートの活かし方は人によって様々であり、ITパスポートの資格自体が直接収入アップにつながることはないためです。

ただし将来的によりスキルレベルの高い資格に取得する前段階として、ステップアップのための資格にはなりえます。情報処理系資格の土台として基本を学ぶことで、よりレベルの高い資格に挑戦しやすくなるからです。

ITスキルを活かして年収をアップさせたいならば、ITパスポートを取得した後に、その上位資格である「ITストラテジスト」や「データベーススペシャリスト」などにも挑戦していきましょう。

就職先・活躍できる場所

仕事内容にもよりますが、ITパスポートを持っていると、求人に応募した際に優遇されることが多いです。

実際ITは多くの仕事で活用されているため、IT知識・スキルに長けた人材はとても重宝されます。
かつてはITスキルを活用するというと、「事務職において役に立つもの」といったイメージがありました。ですが最近では営業職においても、ITの知識を求められることはよくあります。

ただし注意しておきたいのは、ITパスポートはITの専門家が受ける試験ではなく、「これからITを利用して仕事をする社会人」が多く受ける試験です。そのため情報処理技術者試験の中ではレベルが低い資格であることも理解しておきましょう。

資格取得のメリット

ITパスポートを取得することで、あらゆるビジネスにおいて非常にたくさんのメリットがあります。

まず試験勉強を通じて、情報セキュリティや情報モラル・企業コンプライアンス法令遵守・経営戦略や財務・業務に必要な ITスキルなど、幅広い分野における基礎知識が習得できます。

また組織に勤める上でも、ITスキルを活用することで業務が効率化され、さらなるビジネスの拡大につながります。

ビジネスにおいてありとあらゆる場面で役に立つスキルのため、就職活動においても十分な自己PRができて有利に働くと考えられます。

『ITパスポート』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

ITパスポート試験に合格するために必要な目安勉強時間は100時間程度です。

対策としては、参考書などで知識を学習する時間を7割、過去問を解くのに3割といった時間配分で勉強するのが良いといわれています。

独学でも十分に合格可能な試験ではありますが、独学が難しいという方は通信講座やスクールに通われることをオススメします。
というのもITパスポートの通信講座は1〜2万円程度と資格講座の中ではかなり低価格であり、 学習効率を考えると独学との差はあってないようなものだからです。 

難易度・試験情報

試験情報

ITパスポート受験資格はありません。 

試験会場は全国47都道府県で実施しています。

試験日程は非常にたくさん設けられており、ITパスポート試験のホームページから3か月先までスケジュールが確認できます。そして会場にもよりますが3つの時間帯(午前・午後・夕方)に分けて行われます。

ITパスポートの試験時間は120分で、四肢択一式の問題を100問解きます。
出題分野は、ストラテジ系(経営全般)が35問程度、マネジメント系(IT管理)が20問程度、テクノロジ系(IT技術)が45問程度となっています。

試験方式は「CBT方式」が採用されており、コンピューターに表示された試験問題に対してマウスやキーボードを用いて回答します。

受験料は5700円です。

難易度・合格率、合格点

ITパスポート試験の合格率は50%程度です。
基本的知識を問う試験なので、難易度はそこまで高くありません。特にIT実務経験のある社会人は有利でしょう。 

ITパスポートの合格基準は、「1000点満点中、総合評価点600点以上であり、各分野別評価点もそれぞれ300点以上であること」となります。
分野別評価点はストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系の各分野において1000点満点中300点以上を取ることが条件です。

試験の成績は、試験当日中にWebサイトから確認でき、試験結果レポートをダウンロードすることができます。

「ITパスポート」の現状、問題、将来性

将来性について

IT業界自体は市場規模がどんどん拡大しており、労働者数も不足している現状にあります。今後も成長が望める業界であることは間違いないでしょう。

ただしITパスポートは国家資格ではあるものの、単体では「基本レベルが身についている」といった程度の評価しかされません。そのためIT業界の就職・転職においてそこまで大きな力は発揮しないでしょう。

そのため今後IT業界で活躍をしていきたいならば、就きたい職種に合った他の資格と併用することで活躍できる人材になれます。

「ITパスポート」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

ITパスポートと合わせて取りたい資格は、どういった職種に就きたいかによって変わってきます。

例えば事務職志望なら「MOS資格」がおすすめです。
MOSはマイクロソフトのOffice製品に関するスキルレベルを問う資格です。ITパスポートで基礎知識を固めてOfficeに関する強みをもつことで、事務職に大きく活かすことができます。 

プログラマーなどのIT技術者志望なら「基本情報技術者試験」がおすすめです。
こちらはITエンジニアとしての基礎教養が詰まった国家資格ですので、より技術者として働く際の強みになるでしょう。 

経理志望なら「簿記検定」を合わせて取りましょう。
経理や会計の基礎知識を簿記で学習し、ITパスポートの学習が実務に活かせます。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

「ITパスポート」監修・執筆ライター一覧

近日更新

『ITパスポート』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新