危険物取扱者の基礎情報

『危険物取扱者』とは

危険物取扱者とはその名の通り「危険物」を取り扱うのに必要な国家資格です。危険物の定義は、消防法で「火災の危険性が高い物質」となります。

資格は大きく「甲種」「乙種」「丙種」の3種類に分かれています。甲種は第1類から第6類まで全ての危険物を扱えます。乙種は全6種のうち、試験に合格した類の危険物を扱えます。丙種は乙種第4種のうち、指定された危険物のみを扱えます。

資格取得の際、最も人気があるのが乙種第4類です。その理由は第4類危険物が危険物全体の約80%を占め、引火性液体(ガソリン・軽油・灯油など)という身近な危険物を取り扱うことができるからです。 

「危険物取扱者」仕事内容

仕事内容

危険物取扱者乙種第4類必要とする職場は、主にガソリンスタンドや石油会社など危険物を運ぶ職場です。 

ガソリンスタンドでは接客・洗車・給油などの業務が中心ではありますが、軽油・重油・灯油を管理する職場なだけに、乙種第4類の資格を持っていることで職場から重宝される存在となります。

石油関係の業務においては、多くの業務に乙種第4類の資格が活かされます。
タンクローリーのドライバーにおいても燃料となる液体を運搬する業務のため、乙種第4類の資格が必要となるのです。

年収・給料・収入

危険物取扱者乙種第4類を取得した人の平均年収は500〜600万円程度といわれています。ただしこの資格は様々な業種・職種において活かせるため、就職した企業規模や携わる業務によって年収の差が生まれるというのが実態です。 

全ての危険物を取り扱える甲種を取得している人が最も年収は高いですが、乙種第4類は危険物の約8割を取り扱えるため、特別な必要性がなければ乙種第4類でも甲種と同程度の年収を得ることはできるでしょう。

多くの企業では危険物取扱者の資格を持っている人に資格手当がつくので、資格取得によって年収アップにも直結させられます。

就職先・活躍できる場所

危険物取扱者乙種第4類は、非常に幅広い職場において活躍できる資格となります。
ガソリンスタンド、タンクローリーの運転、石油メーカー、化学メーカー、食品工場、研究所、消防署など、活躍の場は非常に多岐にわたります。

ガソリンスタンドではこの資格を持った「危険物保安監督者」を配置しなければなりません。管理職の方は職場全体の危険物を管理することが求められるため、乙種第4類に限らず甲種を取得する方も多いです。
このように業務を行う上で必要不可欠な資格となることが多いです。

資格取得のメリット

危険物取扱者乙種第4類の資格を持つことで、多くの職場でたくさんのメリットがあります。

正社員登用の可能性が広がるだけでなく、アルバイトやパートでも乙種第4類の資格を持っていると専門的な仕事をこなすことができ、給料アップにつながります。
また職場においては乙種第4類の資格を持っていないとできない業務も多数あり、職場内で重宝される存在となります。

このように危険物取扱者乙種第4類の資格は、非常に幅広いシーンで役に立つ資格なのです。

『危険物取扱者』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

危険物取扱者乙種第4類の試験に合格するために必要な目安勉強時間は40〜60時間といわれています。働きながら勉強を進める方も多く、独学でも合格される方はたくさんいらっしゃいます。 

対策としては、全ての科目で60%以上を正答していないと合格できないため、苦手科目を作らないよう勉強する必要があります。
効率の良い勉強順序は物理化学の基礎から勉強をして、 最後に法令を勉強するという順番です。法令は他の科目を勉強することでより理解がしやすくなるためです。

通信講座を受講される場合、費用は15000〜40000円と受講する講座によって差が見られます。費用の高い講座はその分初学者向けにわかりやすく解説されているものが多いです。 

難易度・試験情報

試験情報

危険物取扱者乙種第4類には受験資格がありません。中には小学生でも受験する方もいます。 

試験日は全国一律ではなく都道府県によって決まっており、多くのところでは年に2回が目安です。 「4〜9月のどこかで1回」「10〜3月のどこかで1回」というスケジュールです。

申し込みはWeb申請もしくは、消防署にいって願書を入手して申請する方法があります。試験日の1か月半前に受付を締め切ることが多いので、それまでに受験申込をしましょう。
試験日の10日前までに受験票が自宅に届きます。

当日の試験時間は2時間、受験料は3400円です。

難易度・合格率、合格点

乙種第4類の合格率は約30%と合格率が低めです。乙種第4類以外の合格率は約60%なので、乙種の中では圧倒的に合格率が低いのが第4類です。 

ただし第4類が圧倒的に難易度の高い資格というわけではなく、会社や学校で強制的に受験を課せられている人が多いことが合格率の低い理由として考えられます。

試験は「危険物に関する法令」「基礎的な物理学及び基礎的な化学」「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」と三つの試験科目に分かれており、五つの選択肢の中から一つ正解を選ぶマークシート方式です。
3科目中全て60%以上正解で合格となります。

「危険物取扱者」の現状、問題、将来性

将来性について

危険物取扱者の仕事は今後もなくなることがないため、非常に将来性の高い資格といえるでしょう。

私たちの生活において、危険物の存在をなくすことは不可能です。
身近な例で言うならば、発電所の保守員が設備点検を行っているからこそ一般家庭に問題なく電気が供給されています。ガソリンスタンドも資格を持たない一般人が給油できるのは、スタンドに危険物取扱資格を取得している人がいるからです。

このような危険物取扱業務は今後もAIに代替されにくいと考えられます。 

「危険物取扱者」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

危険物取扱者乙種第4類を取得した後は、他の乙種の試験に挑戦することで業務範囲が広がり、キャリアアップにつながると考えられます。

中でもオススメは、 甲種の受験に必要な第3類と第5類です。
乙種第3類は自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウム・リチウム・黄リンなど)
乙種第5類は自己反応性物質(ニトログリセリン・トリニトロトルエン・アジ化ナトリウムなど)

そしてこれ以上の資格取得を目指すなら、ぜひ甲種に挑戦してみましょう。 危険物取扱者の中で最上位の資格となり、大きなキャリアアップにつながります。 

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

『危険物取扱者』監修・執筆ライター一覧

近日更新

『危険物取扱者』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新