医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の資格とは?仕事内容、オススメの勉強方法(独学、通学、通信講座)についても解説!

メディカルクラークの正式名称は「医療事務技能審査」であり、その審査の合格者に付与される称
号をメディカルクラークといいます。40有余年の実績があることから信頼があり知名度もある認定
資格です。

今回は医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)についての資格試験や勉強方法について解説していきます。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)について

昭和49年度からの総受験数は163万人、合格者数は92万人を超えており、医療事務関係の試験としては最大の規模となっています。

メディカルクラークの称号を付与されるということは、医療機関の収入につながる診療報酬請求事務、良質なサービスの提供、患者さんへの接遇などの能力を備えている証明になります。

ここまで読むとかなり難易度の高い資格のように思えますが、この資格がなければ医療機関で仕事ができないというわけではありません。ですから実務を経験してから必要性を感じ資格取得される人も多くいます。

また受験資格は特になく、合格率も60%と難易度も他の資格に比べて比較的低めなことから1年間に5万人以上が受験するほど人気があります。また医療機関は全国にありますので配偶者の転勤などで住む場所が変わっても就職先を見つけやすいです。

出産や育児などでブランクのある人でも資格があることで優遇されることもあるでしょう。そういったことから特に女性に人気が高い資格でもあります。

メディカルクラークの仕事について

メディカルクラークの仕事は大きく分けて「受付業務」と「診療報酬請求事務」の2つに分けられま
す。

受付業務は来院した患者にとって最初に接する場所なので病院の顔としてきめ細やかな気配りが必要とされます。

初診の患者には問診票を記入してもらいそれを元にカルテの基本情報の作成をします。診察券の発行や受診科への案内、電話対応、診療後には会計などもあわせて行います。

診療報酬請求事務は病院で診療を受けた患者のカルテに記載された情報を健康保険の点数におきかえて費用の計算をします。これをレセプトまたは診療報酬明細書といいます。

診療報酬明細書を作成した後で点検し、医師への確認、支払審査機関への請求まで行います。事務作業がメインの仕事となりますので資格以外にも基本的なパソコンスキルは必須です。同時に大切になってくるのが患者とのコミュニケーション能力です。

初めて来院する患者の中には不安を抱えている人もいます。その患者さんにさらに不安や不信感を与えるようなことはあってはならないことです。また子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に合わせたコミュニケーション能力が求められます。

医療事務に関する資格は他にも医療事務管理士技能検定試験、診療報酬請求事務能力認定試験などがありますがどちらも専門性が求められ、合格率は半数を下回る難易度の高い試験です。

メディカルクラークは実務に関する基本的なスキルがあると認められるので医療機関への採用時に給与など待遇面でもアピールにつながるメリットは多いです。

メディカルクラークの資格を取得するには医療事務技能審査の試験に合格することです。

受験資格・試験問題数・勉強時間について

受験資格は特にありません。試験は毎月実施されており学科、実技㈵、実技㈼の3つで構成されています。

学科では医療事務の基本的な知識に関して選択式で25問実技㈵では患者の接遇、コミュニケーションに関して記述式で2問実技㈼では診療報酬請求業務の点検に関して4問が出題されます。

試験に合格するには学科試験および実技試験㈵・㈼で70%に達することです。また医療事務試験では参考資料を持ち込むことができるのも特徴のひとつです。まさに普段の学習の成果が試験に活かせる資格といえるでしょう。

医療事務技能審査の試験勉強についてですが、市販のテキストやアプリなどで独学、あるいは通学講座、通信講座の利用などがあります。勉強時間は個人差もありますが「3ヶ月から6ヶ月」と言われています。

勉強方法について

独学について

まず独学ですが一番のメリットは費用を抑えられることです。

書店などで参考書や問題集を数冊用意しましょう。テキストは自分に合ったもので構いませんが最新のものを用意しましょう。

これは診療報酬の計算で点数表が必要になってくるのですが、「診療報酬点数表」や「診療点数早見表」がテキストに付属している場合、最新のものでないと正確な計算ができないからです。

テキストとあわせて過去の問題集も学習し、試験問題の流れをつかみましょう。アプリ学習もおすすめです。無料でインストールできるものがあります。移動中やちょっとした空き時間で勉強できます。机に向かって勉強する時間が確保できない時もアプリであれば手軽に勉強できます。

アプリの勉強方法について
アプリは一問一答の形式のものが多く、問題の正誤がその場でわかるので便利です。正解率が出るものもありモチベーションがあがります。その他にも独学では好きな時間に勉強できることがメリットにあげられます。ただスクールのようにサポートなどはないので、資格取得後そのまま就職につなげたい人はインターネットや人材サービスなどを利用して自分で情報を集める必要があります。自己管理ができ情報収集スキルが高い人には費用を抑えられるので独学がおすすめです。

通学(スクール)について

次に通学講座ですが、一番のメリットはわからないことをその場で講師に質問できるところではないでしょうか。その場で聞いてその場で解決できるのは通学講座ならではです。

担任制を導入しているスクールもありますのでいつも同じ講師に質問できるというのも安心感があります。わからないところはそのままにせず必ずその場で質問して解決しましょう。

また一緒に勉強できる仲間がいることでモチベーションを維持しやすいです。頑張っているのは自分だけではないというのは心強いですよね。

通学講座にかかる費用はスクールや講座によって異なりますが3ヶ月前後の受講期間で5万〜10万円のものが多いです。費用に余裕があるが、スケジュール管理が苦手で勉強の仕方がわからない人には通学講座がおすすめです。

通信講座について

最後に通信講座ですが、一番のメリットは独学のように自分のペースで進められる上、その場で質問はできませんが質問制度や添削制度といった通学と同じようなサポートがあることです。教材のテキストだけではなくDVDやインターネットを使ったWeb講座もありますので自宅以外の場所からも学習ができます。

通信講座にかかる費用はスクールや講座によって異なりますが3ヶ月〜6ヶ月での受講期間で3万〜8万円と通学講座に比べると比較的抑えられます。受講できる範囲に教室がない、育児や他の仕事のために決まった時間がとれないが、自己管理はできるという人には通学に比べて費用も抑えられるのでおすすめです。

このように独学、通学、通信と講座はたくさんありますが、自分の性格や勉強スタイル、予算やライフスタイルに合った講座を選びましょう。また通学・通信講座に関しては修了生の仕事に関して様々なサポートをしているスクールもありますので、資格取得後すぐに就職したい人には大変心強い味方です。

また費用は抑えたいが独学ではなく通学や通信講座を受けたいという人には、国や自治体の給付金支援制度で教育訓練給付制度を利用する方法があります。支給要件を満たした対象者には、講座終了後に受講代の2割に相当する金額(最高で10万円)を支給します。その金額が4,000円を超えない場合は支給されませんが平均的な受講代を考えてもほとんどの講座が支給要件を満たしているのでその点は問題ないと思われます。

このように医療事務は専門性が高い仕事であり覚えることも多いですが、人の役に立ち、患者から感謝される喜びも感じられる非常にやりがいを持てる仕事です。経験を積むことで収入アップやキャリアアップを目指しさらにスキルを磨きましょう。

執筆・監修 藤村おりえ
夫と小学生の息子とワンコと暮らしています、40代主婦。趣味は読書で小説から自己啓発系までいろんなジャンルを読んでいます。一番好きな作品は重松清さんの「とんび」です。最近ブログを始めたのでそちらで書評などもしていきたいと考えています。また投資信託や節税にも興味があるので知識を広めるために現在ファイナンシャルプランナー2級取得を目標に勉強中です。

Twitter@fjmerio1978