販売士(リテールマーケティング)の基礎情報

『販売士(リテールマーケティング)』とは

販売士(リテールマーケティング)とは販売、接客技術、在庫管理、マーケティング、労務、経営管理、幅広く専門知識が身につく流通、小売分野での唯一の公的資格です。

試験は1級、2級、3級とあり特に受験資格もなく誰でも受験できます。試験科目の範囲が広いが資格を取ることで幅広い専門知識を得ることで流通、小売業に限らず、店舗経営、接客が必要なサービス業や飲食業、さらには流通、小売り業を取引先とするビジネスマンにいたるまで業種を問わず活かせる資格となっている。

「販売士(リテールマーケティング)」仕事内容

仕事内容

近日更新

年収・給料・収入

近日更新

就職先・活躍できる場所

近日更新

資格取得のメリット

近日更新

『販売士(リテールマーケティング)』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

近日更新

難易度・試験情報

試験情報

受験資格…誰でも可能です。(なので商業高校生が受験することも多いです。あと、小売業を目指しているかたにもおすすめです。)
日程…2、3級は2月と7月に、1級は2月のみてす。(大体中頃です。)
合格率…2、3級は約70%程で、1級は約25%程です。
受験料…1級 7,850円、2級 5,770円、3級 4,200円です。
試験時間…1級は3時間20分、2級は2時間30分、3級は1時間40分です。(1、2級は休憩時間があります)

難易度・合格率、合格点

販売士検定は3級から1級まであり級がアップするほど難易度は高くなります。
マーケティング、販売に関する知識内容のほか経理関係の基礎知識も試験に出題されますので販売業全般におすすめの資格・検定試験です。
試験内容は5科目で構成され、合格点は各級とも筆記試験の得点が平均70点以上で、1科目ごとの得点が50点以上です。トータル500点満点で350点以上が合格に必要です。
合格率は3級、2級は概ね50~60%辺りを推移していますが、1級は20%前後です。

「販売士(リテールマーケティング)」の現状、問題、将来性

将来性について

近日更新

「販売士(リテールマーケティング)」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

販売士(リテールマーケティング)試験は、中小企業診断士試験と学習内容の親和性が非常に高い資格です。2級レベルまで学習をすれば、組織論やマーケティング、経営管理などに関する知識を1通り学習することができるため、中小企業診断士試験の1次試験や2次試験の事例問題において学んだ知識を活用することができ、学習も効率よく進めることができます。実際に診断士となった後、店舗運営の改善に関するコンサルティングを行う際、販売士試験で学んだ知識を大いに活かすことができます。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

『販売士(リテールマーケティング)』監修・執筆ライター一覧

近日更新

『販売士(リテールマーケティング)』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新