旅行業務取扱管理者の基礎情報

『旅行業務取扱管理者』とは

旅行業務取扱管理者は旅行会社で国内・海外旅行を販売するうえで必要となる資格です。旅行業界で唯一の国家資格です。

営業所に1名以上の旅行業務取扱管理者を配置することが義務づけられているため、旅行会社からは非常に重宝される資格です。実際旅行会社に勤めている人の多くがこの資格を取得しています。

またこの資格には3種類あり、「国内旅行実務取扱管理者資格」「総合旅行実務取扱管理者資格(海外)」「地域限定旅行業務取扱管理者資格」に分かれています。それぞれ販売できる旅行商品が異なります。

「旅行業務取扱管理者」仕事内容

仕事内容

旅行業務取扱管理者の仕事内容は以下のようなものがあります。

・旅行プランの作成・管理
・お客様に旅行の申込内容をご説明し、契約をする
・宿や乗り物の予約、手配などを行う
・重要書類を保管する
・旅行中の意見やクレーム対応

このように旅の計画立案から取引・実施にまつわる幅広い業務を扱い、お客様と直接対応することの多い業務です。
旅はお客様にとって思い出の一時ですから、やりがいも感じられる仕事だといえます。

年収・給料・収入

旅行業務取扱管理者の年収は350〜500万円程度と、一般的な会社員の平均的な収入と考えられます。ですが就職する会社によって年収の差は大きく分かれるところでしょう。

旅行会社によっては旅行業務取扱管理者の資格取得をすることで資格手当が1万円程度つくところもあります。

旅行会社で実績を積んで評価されれば、中堅社員以上のクラスで年収500万円程度、管理職となれば年収が700万円程度まで上がることはあります。

就職先・活躍できる場所

旅行業務取扱管理者の活かし方としては、旅行会社・旅行代理店・航空会社・鉄道会社・ホテル・観光案内の窓口・旅行系専門学校の講師など、幅広い就職先があげられます。

海外にも一昔前と比べて行きやすくなっているため、旅行客人口としては非常に多くの人がいます。そこから自ずと旅行業務取扱管理者の活動場所も広がっていきます。

結論としては、新卒の際の就活時にはそこまで旅行業務取扱管理者の資格が活きることがないですが、キャリアアップ・転職の際には有利な資格となるでしょう。

資格取得のメリット

旅行業務取扱管理者の資格を持っていると、「旅行会社の就職に役立つ」「観光業界においてのキャリアップやスキルアップにつながる」といったメリットがあります。
この資格があることで、就職の際に「旅行業に関する知識を持っている」ことの証明となり、かなりのアピールができます。

就職してからも扱える業務の幅が広がるので、昇進やキャリアップのチャンスに恵まれやすくなります。旅行会社に就職したい方は、ぜひ取得しておきたい資格ですね。

また旅行業務取扱管理者の資格を持っていることで、旅行会社を起業することもできます。

『旅行業務取扱管理者』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

旅行業務取扱管理者に合格するために必要な勉強時間は、国内で200時間、総合(海外)で300時間といわれています。

国家資格の中では比較的合格のしやすい試験であると考えられます。ただし200時間というと1日2時間勉強したとしても4〜5か月の期間が必要なので、ある程度しっかり勉強期間を確保することが大事です。

独学でも合格することは可能ですが、通信講座に通ったとすると国内で5万円程度、総合(海外)で6万円程度の費用がかかります。

難易度・試験情報

試験情報

受験資格については、国内旅行実務取扱管理者資格・総合旅行実務取扱管理者資格(海外)のどちらも特別な条件はありません。

試験日程は例年8月中旬に受験票が届き、9月に試験が行われ、10月下旬に合格発表という流れです。

試験科目は国内で「旅行業法」「旅行業約款」「国内旅行実務」の3科目、海外は国内の3科目に加えて「海外旅行実務」が入った4科目となります。

受験料は国内の方で5800円、海外の方で6500円となります。

難易度・合格率、合格点

合格率は国内旅行実務取扱管理者資格の方で約35〜40%程度、総合旅行実務取扱管理者資格(海外)の方で約10〜15%程度となります。

特に国内の方は合格者のうち半数以上が旅行や観光に携わらない仕事に従事されている方でした。そのため初学者であっても十分に合格ができる試験であるといえます。
総合(海外)の方は、「海外旅行実務」の攻略が合格のポイントとなります。

合格点は各科目とも60%以上の正答率であることが合格の条件となります。

「旅行業務取扱管理者」の現状、問題、将来性

将来性について

旅行業務においては非常に強みとなる資格ですが、このご時世観光業界自体が非常に厳しい状態となっています。そのため資格さえあれば必ず有利とはならないでしょう。

しかも最近はネットで簡単に情報をリサーチできるようになり、旅行会社を通さず個人でプランを立てる人も増えてきました。

旅行業務取扱管理者の資格を活かそうと思うと、資格取得に加えて実務経験を積むことが必要です。実務経験により旅行業界で希少価値の高い人材になれるでしょう。

「旅行業務取扱管理者」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

旅行系資格の中でも旅行業務取扱管理者は最高峰の資格です。
そのため合わせて取りたい資格として、実は介護・福祉系の資格殿相性が良いです。

理由としては高齢化社会の日本ではどんどん高齢者の割合が増え、旅行者全体に占める高齢者の割合が増えていくでしょう。また高齢者には比較的時間の余裕が多いことから、高齢者の旅行人口は非常に多いのです。 

しかし中には介護が必要な高齢者もいます。そんな時に介護・福祉系の資格を持っている人は重宝される傾向にあります。 

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

『旅行業務取扱管理者』監修・執筆ライター一覧

近日更新

『旅行業務取扱管理者』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新