通信講座「資格スクエア」とは?評判・口コミを紹介!

資格スクエアは今、急激に人気が高まっているオンライン資格講座ですが、

「資格スクエアの通信講座ってどうなんだろう?」「利用した人の本音が聞きたい」

こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、資格スクエアの特徴や、実際に受講した人の評判・口コミなどを紹介していきたいと思います。

資格スクエアをおすすめしたい人

こんな人におすすめ!
  • 講座費用を抑えたい
  • 普段からパソコンやスマートフォンでの動画視聴に抵抗がない
  • 働きながら目指したい
資格スクエアの講座は、パソコンやスマートフォンでいつでもどこでも勉強できることが最大の魅力です。通勤・通学時間、他にスキマ時間を活用できます。
したがって、日常、パソコンなどで動画を視聴することが多い方は、スムーズに学習スタイルに馴染むことができるでしょう。

また、まとまった勉強時間の確保が困難な社会人の方、働きながら目指す方には有効に時間を使える点で向いていると言えるでしょう。

資格スクエアの特徴

まずは資格スクエアの特徴をご紹介します。

資格スクエアの特徴
  1. いつでもどこでも受講可能なオンライン講義
  2. IT技術を駆使した最先端の講義スタイル
  3. 3つの「資格スクエアメソッド」

いつでもどこでも受講可能なオンライン講義

資格スクエアには生の講義はなくオンライン講義のみです。
オンライン講座は、インターネット環境さえあれば24時間365日、どこででも学習が可能です。
無駄な通学時間を省き、スキマ時間も利用できるオンライン学習は、仕事や子育てなどをしながらでも資格取得を目指すことができます。

IT技術を駆使した最先端の学習サポート

資格スクエアはいま急成長を遂げていますが、その秘密は「ITの活用」にあります。資格スクエアは長期間に渡る勉強の効率化を徹底的に追求しています。

  • 学習スペースが講義画面に集約されている

資格スクエアでは、講義画面内に「付箋を貼る」「マーカーを入れる」などの機能があります。これにより、学習して得た法律知識などをまとめることができます。

このように、様々な情報を通常使用する画面上のスペースに集約・一元化できるようになっています。これにより、必要な知識が膨大な試験対策も効率よく進めることができます。

  • 勉強方法に迷わない

資格スクエアでは学習スケジュールが明確に示されており、「ロードマップ」「レベル別学習シート」「合格読本」など様々なサポートがあります。

受講生は適切に組まれた学習スケジュールに沿って進めることで、日々やるべき事を明確に意識しながら学習できます。
迷走することなく道すじを明確に示してくれる資格スクエアの講座は、長期間の勉強が必要な資格の勉強には大変魅力的だと言えます。

3つの「資格スクエアメソッド」

資格スクエアは、3つのメソッドを提唱しています。

  • 資格スクエアクラウド

資格スクエアクラウドは、合格者・脳科学・受験生のデータを分析し、学習効率の最適化を実現するクラウド型の学習ツールです。

特に、脳科学データの活用については、東京大学の池谷裕二先生の全面協力によって開発されており、信頼度の高い内容だと言えるでしょう。こうしたデータ活用手法は、従来の予備校には見られないものです。学習履歴に基づいたフィードバックする機能もあり、「学習の効率化」を徹底的に追求しています。

  • 脳科学ラーニング

前述の通り、資格スクエアは「脳科学」を活用した学習ツールを提供しています。
例えば、「脳科学に基づいた問題演習」機能があり、効果的な記憶への定着を可能にしています。学習する範囲が膨大で、記憶しなければならない内容も多い資格試験対策には抜群の力を発揮します。ITと脳科学による資格スクエアの取り組みは、他の予備校にはない独自の強みだと言えるでしょう。

  • SQUAREメソッド

これは、資格スクエア独自の学習サイクルです。
SQUAREはそれぞれ以下の頭文字となっています。

SQUAREメソッド

S=Self-learning(自学自習)
QU=Question(問題演習)
A=Advice(アドバイス)
RE=Repeat(繰り返す)

効率的な学習を「継続」できるように、これらの4つの勉強法を提唱しています。これによってモチベーションを落とさずに効率よく勉強を継続することが可能となります。

資格スクエアの惜しいポイント

以上、資格スクエアの特徴をお伝えしましたが、良いところばかりではありません。他社の講座と比較して残念な点もあります。

質問回数に制限あり

資格スクエアでは、「逆算プレミアム」コースならテレビ電話を利用して合格者に直接質問できるサービスがあります。

しかし、このサービスは月に2回までであり、しかも事前予約の上1回15分という制約があります。この点は、校舎で講師が質問に答える体制を持つ予備校と比較すると弱点と言えるでしょう。

直接質問ができない

オンライン講座の欠点は、直接質問できないことで疑問の解消に時間がかかる事です。
したがって、web上のシステムで質問するという形ではなく、講師に直接質問できるスタイルを望む方にとっては残念なポイントかもしれません。

オンラインのみの講義

オンライン講義のみのため対面講義がないことも人によっては残念なポイントかもしれません。目標を同じくする仲間と一緒に講義を受け、講師の生の声に触れる方が良い、という方は通学講座を選択するべきでしょう。

他にも、大手予備校に比べればまだまだ受講生が少なかったり、 ITを駆使した学習環境・システムですので、どうしてもITとの相性が良くない方には向かないかも知れません。

受講生の口コミ

カリキュラムが充実していた

宅建士講座利用・40代男性
合格に向けてのカリキュラムが非常にしっかりしており模擬試験なども実際の試験に近いものがでてくるのでここで良い点数をあげられるようだとかなり合格確率が上がった印象があります。特にインプット講座とアウトプット講座がとても良くてここをしっかり自分の中にしっかり入れていけばかなり合格への後押しになってました。

テキストの実践・応用が弱い、意思の強さが大切

社労士講座利用・30代女性
通信講座なので双方向な感じではないので、自分の意思によるところが多くあります。テキストは基礎は網羅されてますが、実践になると若干弱い気がします。実践の問題と解説がもっとあったらいいなと思いました。ウェブ講座もわかりやすかったですが、応用に弱いなと思いました。初学から始めるにはちょうどよいかもです。でも、わからないことがすぐ解決しないことがもどかしいです。自分の意思が強いのと読解力がある方に向いているとおもいます。

無駄な時間が省けるシステム

司法書士講座利用・40代男性
私はフルタイムの会社員なのですが、通学の必要がない資格スクエアは、時間の無駄がなく大変助かりました。オンラインの環境があれば、いつでもどこでも視聴できるため非常に便利です。講義動画の良かったところは、視聴履歴が残るところです。急な予定で中断しても、どこまで講義を見たかすぐにわかるため、無駄な時間をかけずに済みます。また、倍速再生も可能なので、勉強時間を短縮することができます。

テキストの質が良くない

司法書士講座利用・20代女性
テキストはわかりやすいとは言えず、言い回しが分かりにくいものがありました。他のテキストと併用して使うことが必要となります。全てを網羅するという感じではなく、あくまで合格点を目指すためのテキストという印象です。紙媒体はなく、オンライン版のみですが、オンライン上で書き込みが可能だったりと便利な機能があったのは良かったと思います。

入会前に相談に乗ってもらえる

司法書士講座利用・20代男性
スクエア入会前に相談に乗ってもらうことができ、丁寧な説明やどのような勉強方法があるか強みがあるかを親身になって説明してくれとても助かり入会するきっかけになりました。
スマホを使った学習は、手軽に何度も復習できとても使いやすかったです。
講義が見放題で気にいっている講師や講義を選択できて自分のペースで勉強することができて入会してよかったなと思いました。

資格スクエアの活用方法

疑問点はワンクリックで質問

資格スクエアの講義画面には、ワンクリックで質問できる機能があります。
講義で分からないことがあれば、すぐにこの機能を利用して疑問を解決できます。
自分で調べるのは時間がもったいないので、すぐに質問・解決して次に進みましょう。
試験勉強はインプットとアウトプットに時間をかけるべきです。調べる時間を最小限にするために、質問機能をフルに活用しましょう。

WEB上のテキストをワードにコピー&ペースト

実はWEB上のテキストは、ワードにコピーできるのです。コピーしたテキストを自分で編集して整理したり、ポイントをまとめたりすることでオリジナルの資料を作成することができます。まとめる過程で理解を深め、知識の定着も進むのです。

ただし、これは資格スクエアが推奨しているわけではありません。あくまでも個人的に使用する範囲で黙認されているだけだと思われます。コピーしたものを人に配府するのは法律的に問題があるためやめましょう。
あくまでも、自分専用のまとめノートを作成することだけにしてください。

スキマ時間を有効活用

資格スクエアの特徴に「ITの活用」がありました。
資格スクエアの受講生はテキストを持ち歩く必要はありません。スマートフォンさえあれば、テキストも閲覧しながら講義を視聴することができます。通勤、通学時間はもちろん、待ち時間などのスキマ時間を有効に使いましょう。倍速再生機能も備わっているので、半分の時間で済ませることもできます。

さらに、スキマ時間を活かす勉強法は「やることを決めておく」ことです。
例えば、15分未満の時間であればweb問題集や短答アプリを利用。15分以上であれば、講義を視聴。というように、事前にスケジュールでスキマ時間があれば、その使い方を事前に考えておくとより効果が上がるでしょう。

資格スクエアは社会人の味方

これは言わずもがなのことですが、社会人で仕事をしながらの受験生には時間がありません。試験を目指す仲間もいません。学生に比べると、非常に制約が大きいのです。

資格スクエアの学習システムは、スキマ時間を活用するのに最適であり、質問機能で時間の節約も可能です。社会人受験生には最適な講座ではないでしょうか。
忙しい中で効率的に勉強したいという方は、ぜひ一度資格スクエアを検討されることをおすすめします。

お得な情報

他社受講割クーポン

資格スクエアには、他社受講割引制度があります。
資格スクエア以外の予備校で学習していた方が、資格スクエアで受講する場合に提供されるクーポンです。
適用されない講座もあるため、詳しくは必ず公式サイトで確認してください。

再受講割引クーポン

これは、資格スクエアの講座を受講していた方の再挑戦を応援するものです。
過去に資格スクエアで、入門系・論文系の10万円以上の講座を受講していたことが条件です。条件を満たす方はぜひ利用なさることをおすすめします。
詳しくは必ず公式サイトで確認してください。

無料会員登録

無料会員登録をすると、無料講義を見ることができたり、前述の「資格スクエアクラウド」を体験できたりします。
また、メールマガジンには割引クーポンが付いてくることもあります。
資格スクエアの講座利用を検討している方は、まずは無料会員登録をすることをおすすめします。

まとめ

資格スクエア評判まとめ
  • カリキュラムが充実していてインプットとアウトプットがしっかりできる
  • 無駄な時間が省ける
  • テキストは合格ラインを意識した基礎的なもの

資格スクエアの特徴や評判を紹介してきました。

興味を持った方はぜひ、無料会員登録と資料請求を行ってみてください。
サンプル講義を視聴したり実際にテキストを見ることでイメージがわくと思います。

資格スクエア以外にも優れた資格講座がたくさんあるので、ぜひ自分に合った講座を見つけて、資格取得に踏み出してください。

合わせて読みたい

監修 資格LIVE編集部
会社や社会に役立つ資格や、資格取得方法、勉強法、必勝法を徹底リサーチ中!