診療報酬請求事務能力認定の基礎情報

『診療報酬請求事務能力認定』とは

診療報酬請求事務能力認定は様々な医療事務の中でも、レセプト(診療報酬明細書)の作成能力が評価される資格で、医療事務として働くうえで大きなアピールポイントになります。

医療事務は専門知識が求められる仕事ですが、中でもレセプト作成は高度かつ最重要な業務となります。医療事務として働く多くの人が合格を目指す資格となります。

ただし数ある医療事務の資格の中でも、診療報酬請求事務能力認定の難易度は高めで、合格率も30%程度と低い試験になります。

「診療報酬請求事務能力認定」仕事内容

仕事内容

医療事務の仕事内容で多くの方がイメージされるのは受付・会計業務かと思います。
実際に医療事務のお仕事では、来院された患者さんを出迎えたりお見送りしたりと患者さんと接する機会が多いので、仕事をするうえでは接客スキル等も必要になります。

主な業務内容は「診察券の発行と保険証の確認」「カルテの作成」「医療費の会計」「レセプト作成・点検」「診療報酬の請求」「医師や看護師のサポート」「診察室・検査室へのご案内」などと非常にたくさんあります。

年収・給料・収入

医療事務の仕事の平均年収は276万円と、収入は低めの傾向にあります。

他の業界と同様に実務経験の年数によって収入は上がっていくのですが、医療事務の業界では実務に活かせる資格を取得していくことで、年収は上がりやすくもなっています。

また医療事務には働き方も様々なため、正社員・派遣・パート、また役職によっても収入は変わってきます。
年収はそこまで高くない職種ですが、パートでも働きやすいですし働き方の多様性があるのは魅力ですね。

就職先・活躍できる場所

医療事務の資格を持っていると、就職先は総合病院・クリニック・薬局など様々医療機関に就職できます。

ですが診療報酬請求事務能力認定試験は医療事務の資格の中で唯一の公的資格となります。医療事務として就職・転職をする際に圧倒的なアピールポイントとなります。医療事務の求人は常に一定数存在するため、就職先に困ることはなくなるでしょう。

これに加えてパソコンスキル、コミュニケーションスキルなどを持つことで選択肢は広がっていきます。

資格取得のメリット

診療報酬請求事務能力認定試験は難易度は高いものの、その分医療事務業界において最高峰の資格という位置付けです。
評価や信頼度も非常に高い資格ですので、本格的に医療事務のプロとして働きたいという方は、ぜひ挑戦する甲斐のある資格になります。

また医療事務は圧倒的に女性の多い仕事です。女性の多い職場こそ女性の働き方については理解がありますし、結婚・出産・子育て等で一旦仕事を離れても再就職がしやすくなっています。
これらの点からも、非常に女性には働きやすい資格です。

また全国に医療機関はありますから、全国どこでも活かせる資格となります。

『診療報酬請求事務能力認定』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

診療報酬請求事務能力認定試験に合格するための必要な勉強時間目安は400〜500時間といわれています。これは1日に2時間程度勉強をしたとしても、半年以上の期間を有します。
特に医療事務の知識をゼロから身につける方の場合、専門用語・法律・点数表の読み方などに悩み、勉強に苦労する方もいます。 

基本的には独学で合格することのできる資格ですが、医療事務の経験がない人や、周りに相談できる医療従事者がいない人にとっては独学の勉強は苦労するかもしれません。 

もし講座に通うという場合、費用は医療事務の未経験者向けコースが8万円前後、経験者向けコースが4万円前後が目安となります。 

難易度・試験情報

試験情報

診療報酬請求事務能力認定試験は「公益財団法人日本医療保険事務協会」が実施する全国一斉統一試験です。毎年7月と12月の年2回行われます。
受験資格は問わず、どなたでも受験が可能です。

学科試験と実技試験があり、学科試験は5者択一のマークシート方式です。実技試験は診療報酬請求事務の診療録からレセプトを作成するものになります。診療報酬点数表やその他資料の持ち込みが許可されています。

受験料は9000円となります。

難易度・合格率、合格点

診療報酬請求事務能力認定試験には「医科」と「歯科」がりあり、合格率は医科で30%・歯科で38%と、やや難易度の高い試験になります。

合格点については、学科試験も実技試験も公表されておらず、実施回ごとに合格ラインが変わっています。 基本的に学科試験・実技試験それぞれ70%以上の得点が目安となります。 

試験では3時間の試験の中で学科試験80問と実技試験2問を解かなければなりません。

実技試験では比較的時間のかからない外来レセプトと、正確さが求められる入院レセプトに分かれます。 

「診療報酬請求事務能力認定」の現状、問題、将来性

将来性について

日本は本格的な少子高齢化が進んでいるため、医療事務を含めた保険医療分野全体の需要は年々伸びていくと考えられます。実際に近年では、病院や診療所・介護施設などは増加傾向にあります。

中でも診療報酬請求事務能力認定は信頼度の高い資格ですので、まだまだ将来的に活躍できることでしょう。

ただし業界全体の需要がなくならないとはいえ、医療分野においてもIT化が進んでいます。そのため診療報酬明細書の作成をする業務も電子化が進み、医療事務として活躍をしようと思うと、同時にコンピューターのスキルを身につけていく必要があるでしょう。

「診療報酬請求事務能力認定」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

診療報酬請求事務能力認定と合わせて取りたい資格は、以下の二つです。

⑴:診療情報管理士
診療情報管理士とは診療情報を適切に管理運用し、医療の質の向上を図る役割を持った人です。 民間の資格であるため、資格がなければ診療管理業務を行うことができないというわけではありませんが、診療情報管理業務に必要な知識・スキルの証明となる資格です。

⑵:医療秘書技能検定試験
医療秘書は、事務的な側面から医師の仕事をサポートする仕事です。医療法規や医療用語はもちろんですがビジネスマナーや経営に関する知識も求められます。
診療報酬請求事務能力認定の経験を大いに活かすことのできる資格です。 

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

「診療報酬請求事務能力認定」監修・執筆ライター一覧

近日更新

『診療報酬請求事務能力認定』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新