【合格体験記】勉強期間は7ヶ月で宅建士の資格試験に合格!テキストや過去問選びなどを紹介!

今回は独学で宅建の資格取得を目指すことになった「teavege」さんの合格体験記を元に合格する秘訣に関してご紹介します。

はじめに・・

宅建士を目指すきっかけ

私は就職氷河期世代だったため、当時、ただ単に面接に行ってもアピールするものがなく、就活の面接にはことごとく落ちておりました。

そんな中「何か資格を取ろう」と思い、調べていたところ、宅建士が人気があり、就職にも良い方向に期待できるのではないかと思い、受験を決意しました。

法律資格の登竜門とよく言われているので、これなら法律の基礎学び、仕事に結びつくのではないかと思い、さっそく勉強にとりかかりました。

勉強については、あまりお金をかけることができなかったため、必然的に独学を選びました。

当時は、勉強時間がそこそこありましたので平日3時間、休日4時間を目安に試験勉強に費やしました。

勉強期間は、7ヶ月ぐらいだったと思います。

テキストや過去問選び

私は、なるべく情報量が多いもの重点的に探すと決め、各科目に分けられているLEC出る順を選びしました。

しかし、テキストや過去問は、自身が使いやすいものを使うのがよいかと思います。どのテキストが頭の中に入りやすいのかは、個人個人でそれぞれであると考えられます。

テキストや過去問は、カラー写真が多いものなど、宅建では多数出されているので、自分に合ったものを選ぶのが良いかと思います。それに加え、今後の他の資格試験のためにコンパクトな六法を用意しました。やはり、民法で苦労するだろうと思い、条文知識もしっかり忘れないように繰り返し見るために必要ではないかと思い、使用しました。

勉強方法について

権利関係・民法

民法については、法律の初学者であれば、つまずきやすい科目であると考えられます。

しかし法律の中で、私法の中の一般法ですので、こちらは、しっかり理解しておくと、その後について、他の資格試験や日常生活にも活かせられると思い、時間を多くかけておりました。

民法の学習については、テキストを読みながら、それでも理解できない場合は、民法の基本書などをときどき、チェックしながら読み進めました。

基本書は、図書館のものを借りて、その都度使用していた程度です。さらに民法では、判例知識を 問われるので、行政書士試験用の判例集なども使用しておりました。

判例では、テキストや過去問で出てきている重要論点があるので、そこのチェックを行いました。民法では、総則から制限行為能力者や代理など、1つの分野でたくさん覚えることがあるので、

暗記ではなく、正確な理解を心がけました。特に物権変動などは、ABCなどのように簡単な図を書きながら、問題を解くことを行っていました。債権や親族法に関する部分は、やはり、条文、判例、細かい数字の問題が出るだろうなと

想定しながら問題を解いておりました。

また、2020年度からは、民法が大改正されているので、現在、受験生であるなら、宅建で必要な論点をチェックしながら、改正部分にも力を入れる必要があります。

例をあげると、瑕疵担保責任から契約不適合責任に変わるなど、改正前からの受験生は、改正点の知識の整理や新しい条文などの確認が必要です。

その他の権利関係

借地借家法は、借地と借家の正確な知識や細かい数字や間違いやすいところなどを確認し、過去問を繰り返していました。比較的、条文数が少ないので、確実に正解できるように

過去問の頻出が多いところは、条文に印を入れたりしながら進めました。不動産登記法については、過去問の出題傾向から重点的に勉強しつつも、あまり深入りしないように正確な知識を1つ1つ積み重ねるように意識しました。

区分所有法について

共用部分や専有部分などの用語の意味をしっかり理解しながら、規約で別段の定めがある部分が多いので、引っかけ問題などに気をつけることを意識して勉強しました。

宅建業法について

こちらは、問題数も多く1番得点源になりやすいところです。

覚えることは、多数ありましたが、民法と平行して力を入れていました。特に重要事項説明の部分に関しては、自身が不動産屋の店舗スタッフで且つ、宅建士だと思い、お客様に説明することをイメージして間違いのないようにテキストを読み込みながら、過去問を何周も繰り返していました。

やはり、ここでも間違いやすい細かな数字に関しても力を入れました。過去問を繰り返すうちに回答を覚えてしまうぐらいに達すると思います。そのくらいのレベルになれば、まだ出題されていない箇所をテキストでインプットして、自分で出題予想するなども1つのやり方であると思っております。

法令上の制限について

ここでは、あまり馴染みのない都市計画法、建築基準法、国土利用計画法、土地区画整理法、農地法、宅地造成等規制法などが出てきますが、テキストのなどの太字の部分を先に繰り返し読み込み、少し進むと過去問を繰り返しておりました。

出題数が多い法律科目を優先するように心がけました。あとは、時間に余裕があるときや空き時間などに学習するようにしておりました。

税その他について

こちらは、暗記する箇所が多いので権利関係や宅建業法に力を入れながら、合間にテキストなどで学習することが多く、直前期に繰り替えし、覚えやすいところから覚えていきました。

統計については、数字に気をつけるべく、国土交通省のホームページなどを確認するなど、対策をしました。勉強法で共通して言えるのは、ある程度進めると、すぐに一問一答などを利用して、やったところの理解を確認していました。

インプットより、アウトプットの方に時間を使ったように思います。2ヶ月前くらいには、市販の模試などで時間を計測しながら試験と同じように問題を解く練習も行いました。

模試をやることにより、現時点で自分のどこに苦手な部分があるのか、理解が足りないのかなどを発見できるかと思います。

苦手な科目を強化することを優先し、何度解いても間違えないところは、とばす感じで学習しました。

直前期には、どこでも宅建士など、効率良く学べるテキストも出ているので、そういったテキストでの暗記強化も行いました。

スキマ時間などがあるときは、移動中など一問一答を使い、過去に出題された問題などを意識しながら学習するのもありだと思います。

受験当日

当日は、軽めの朝食などで、昼も軽めにしました。試験開始前は、暗記ものの最終チェックで宅建業法の確認や法令上の制限などに目を通しておりました。民法などの権利関係は、試験前までにしっかりと勉強しておりましたので、あえてやりませんでした。

試験問題では、私は順番に解いて、なるべく早いペースで進め、時間を少し余るようにして、最後まで解けば、さらに最初から確認していきました。民法については、問題の用紙に簡単な図を書きながら解いていました。税・その他の土地・建物については、試験本番で冷静に考えるとわかる問題もあるので、

初めてみた問題でも慌てずに解くということが大切なのかと思います。

まとめ

この試験では、各科目に足切りがないのでやはり配点が多いところや理解に時間がかかるところなどを最初から意識して勉強し続けたことが、1発合格に繋がっているのかなと思っております。特に民法では、20204月から施行の改正点で多くの条文知識なども必要となるので、早めに勉強をスタートさせるのが良いかと思います。

その後、行政書士試験も合格しているので、民法の学習は、そういった他の資格に活かせることができるかと思います。

執筆・監修 teavege

就職活動中に宅建試験にチャンレジし、独学で1発合格。その後は、行政書士試験にも合格。現在は、キュレーションメディアでライターとして活動、今後は司法書士試験に挑戦する予定。