宅建士試験で30点前後から点数が伸びないとお困りの方に!直前1ヶ月の集中作戦で確実に合格点を超える勉強法!

宅建士試験で30点前後から点数が伸びないとお困りの方に!直前1ヶ月の集中作戦で確実に合格点を超える勉強法!

このような悔しい思いをしたことのある受験生の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

「宅建士試験の過去問を解いてみても、いつも30点前後から点数が伸びない…」

「本試験で確実に合格するために、模試の点数をもっと伸ばしたい!」

「何度本試験を受験しても合格ラインにもう少しのところで届かない…」

過去問演習・模試などの点数が30点前後で伸び悩んでしまったり本試験にて30点前後の得点で不合格になってしまう受験生は多くいます。

この記事を読むことで合格ラインを超えるための効率的な勉強法が分かります。30点前後から得点の伸びない受験生の方におすすめ!是非楽々合格ラインを越えられる点数まで得点を伸ばしましょう!

宅建士試験で合格ラインを超すためのポイント
  • 問題演習と過去問演習中心の勉強法を実践しよう!
  • 過去問に触れるのは早い段階から。問題形式や出題傾向を掴もう!
  • 科目別の勉強時間の配分に気をつけよう!

宅建士試験でいつも30点前後しか取れずお悩みの方

宅建士試験の合格基準は、相対評価方式です。合格基準は点数で定まっているのではなく、各年度ごとに受験者数に応じて合格点数が変動します。
試験は1問1点の50点満点であり、近年の合格点は35点前後のことが多いです。そんな中、過去問や模試の得点が30点前後にとどまってしまう受験生や、残念ながら本試験でも30点前後の得点で不合格となる受験生が多くいます。

ここ最近の宅建士試験の合格基準点の推移

ここで近年の合格ラインを確認してみましょう。過去10年間の合格基準点は以下の通りです。

試験年度 合格点
H20年度 33点
H21年度 33点
H22年度 36点
H23年度 36点
H24年度 33点
H25年度 33点
H26年度 32点
H27年度 31点
H28年度 35点
H29年度 35点
H30年度 37点

直近10年の合格点を見ると、30点が合格点の年はありません。おおよそ7割の得点率にあたる、35点前後に合格ラインが有る年が多く見られます。

この背景には、試験が平成27年から宅建士試験と士業に格上げされたことが挙げられます(それまでは宅建試験)。これに伴ってより多くの人が受験するようになりました。先述の通り相対評価方式ですので、受験人数の増加以降、試験は以前よりも難しい傾向にあります。

最近10年間の間に合格最低点が30点以下の年はなく、特に直近3年間では合格点は35点以上となっています。このことから、安心して合格するためには37点以上の得点が必要だと考えられるのではないでしょうか。

本番の自己採点の得点が30点の場合に合格出来る可能性があるか?

宅建士試験の形式はマークシートです。そのため、写し間違いがない限り自己採点は正確であると考えられます。
マークシートではなく記述問題や計算問題があるような試験ですと、部分点によって自己採点から上がる場合も考えられます。しかし宅建士試験の場合、ほぼ自己採点が実際の得点と同じであると考えてよいのではないでしょうか。
また合格点は年度によって変動するというものの、直近10年を見ても30点の年はありません。自己採点で30点だった場合には合格の可能性は極めて低いでしょう。

本試験で37点以上取れるようになるために1ヶ月でできる勉強法

30点前後しか取れない原因は能力ではなく勉強法

毎回30点前後しか取れずに落ち込んでいる人もいるかもしれませんね。その原因は能力ではなく勉強法にあります。
6割は理解出来ているということですから、合格ラインの一歩手前まではきています。ポイントを抑える、あと少しの勉強法の工夫で合格ラインを超えることができます。

教科書メインの勉強ではなく問題演習中心の勉強を

試験のための勉強をする際に、まずは教科書などをしっかり読みこんだりノートにまとめてから問題演習に取り組む方も多いと思います。しかし、この勉強法は効率的ではありません。
資格試験の場合には、まず出題傾向を掴むことがとても重要です。もちろん教科書をまんべんなく理解することも大切なことですが、試験合格が目標である場合、教科書メインの勉強法ですと出題頻度が少ないところにも必要以上に勉強時間を割いてしまう場合があります。
そのため、問題演習中心の勉強法がおすすめです。参考書や教科書を読む場合には、細かいところを精読するよりは一通りの流れをざっくりと一読するのがおすすめです。参考書を読んで要点のインプットをしたら、すぐに問題を自分で解き、問題演習でアウトプットすることが大切です。問題演習の解答についてわからないことが出てきた場合にはテキストで確認し、理解を深めましょう。理解ができたと思ったら、もう一度解いてみましょう。

問題演習中心の勉強の進め方

  1. 参考書やテキストをざっくりと一読して大きな流れを掴む
  2. 問題を解いて、解答や理解が不十分な項目ををテキストで確認する
  3. 理解が出来たと思ったら、もう一度問題演習に戻って解いてみる

過去問演習は徹底的に

どんな資格試験でも過去問演習は必要ですが、宅建士試験の場合には過去問から出題される傾向が強いため、特に重要です。
過去問はなるべく10年分を目安に用意しましょう。10年分が難しくても最低5年分は解く必要があると考えられます。解く際は、新しい問題から遡って解くのがおすすめです。大体3年分くらい解いたところで、問題の形式に慣れて来るでしょう。

過去問演習を始めたばかりの頃は、点数よりも問題形式に慣れることを重視しましょう。傾向やスピード感を掴むのが大事です。そして、正答できなかったところは、即座に教科書やテキストで確認し、しっかり復習して理解を深めることが鍵です。

そして過去問に取り組むタイミングとしては早い段階が望ましいです。多くの方が最後の実力試しに過去問を取っておかれますが、早いうちに過去問に触れる方がより望ましいです。
早いうちから問題集で問題演習をした後にすぐに過去問を解くようにすると、問題形式に慣れ、試験のポイントや出題傾向を掴むことができます。問題集のかわりに過去問を解くのも効率が良くておすすめです。

科目別の勉強時間の配分を意識して勉強する

宅建で出題される科目は大きく4つに分かれます。

宅建業法→20問
民法など→14問
法令上の制限→8問
税・その他→8問

このように、出題の半数以上を宅建業法と民法が占めています。そのため、勉強の際もこの科目をメインに取り組む必要があると考えられます。

勉強時間の配分の目安としては、宅建業法に4割強、民法に3割が望ましいでしょう。暗記要素の強い残りの科目は、残り3割の時間で直前に詰め込むのが良いです。

試験の中心である宅建業法は勉強した分だけ得点を重ねやすい科目でもあります。出題数も多く得点源にもなります。確実に8割以上(16点から17点)は正解できるようにしておくのがベストです。

直前模試受験のすすめ

過去問を制覇したら最後に直前模試を受験しましょう。

<模試を受験するメリット>

  • 新しい問題を解くことによって弱点を見つけることができる
  • 試験会場の雰囲気に慣れることができる
  • 問題を解く時間配分の予行演習ができる
  • 自分の現在の実力を客観的に分析できる

模試を受験する場合には会場実施の形式がおすすめです。

実力確認だけであればWEBで実施されている模試でも構いませんが、多くの受験生がいる本番の受験会場の雰囲気とは違います。
WEBでは本番の雰囲気の体験は出来ないことから、試験の雰囲気に慣れるためにも1度は会場実施の模試を受験しておくとよいでしょう。

AIの予想問題も使える!

AIを使った出題予測を元に作成した予想問題「未来問」も極めて強力なツールです。資格学校の資格スクエアが作成しています。
2018年度宅建試験の予測をした際は、カテゴリー的中率78%という極めて高い的中率でした。未来問による予測の精度はかなり高く、受験生の強い味方となっています。
未来問は得点アップに直結する優れた予想問題です。現在、資格スクエアでは未来問を無料配布していますので、受験生の方であれば是非とも手に入れておきましょう!

宅建士試験と30点まとめ

宅建士試験と30点まとめ
  • 近年の合格点は35点前後なので、安心して合格ラインを越えるための目標得点は37点以上
  • 30点の壁を越えられない大きな要因は能力ではなく勉強法に有り
  • 早い時期から問題演習と過去問を中心に勉強するのが効率的
  • 科目別の勉強時間の配分にも注意して計画的に勉強しよう
  • 雰囲気に慣れるためには会場形式の模試受験がおすすめ

宅建士試験で30点前後から得点が伸びずに悔しい思いをしている受験生は多くいますが、その原因は勉強法にあることがほとんどです。
6割は理解出来ているのですから、あと少しの工夫で合格ラインに到達できるはずです。プラス10点を上乗せ出来るように、勉強法や勉強時間の配分を見直してみるとよいでしょう。

あと数点で合格ラインに届かないという悔しい思いをすることのないよう、効率的な勉強法で合格に向かって追い込みをかけましょう!

監修 資格LIVE編集部
会社や社会に役立つ資格や、資格取得方法、勉強法、必勝法を徹底リサーチ中!