通関士の基礎情報

『通関士』とは

通関士は貿易に関する唯一の国家資格で、輸出入者の代理人として税関に申告や手続きを行う役割があります。

ものを輸入する場合、税関に輸入申告をして検査を受け、関税を正しく計算して支払い後、輸入の許可が受けられるという仕組みになっています。輸出入は複雑な手続きとなるため、専門的な知識が求められる現場です。

通関士はこのように輸出入の手続きに関する専門家であり、貿易業界においては必要不可欠な存在となるのです。

「通関士」仕事内容

仕事内容

ものを輸出入しようと思うと、その内容を税関に申告しなければなりません。また内容だけでなく、輸出の場合は輸出統計品目表、輸入の場合は実行関税率表を使って納税額まで算出する必要があります。

ですが輸出入を大量に行う企業は、その度に税関に申告を行っているのでは負担がとても大きいです。そこで通関士が税関への申告や手続きを代行する業務を行っています。

具体的には税関への書類の作成・申告の代行です。一部英語での記入をする書類もありますが、定型的な内容のため高度な英語力がなくても業務を行うことが可能です。

年収・給料・収入

通関士の平均年収は539万円となります。働く場所がある程度限定されやすいことや独立開業が困難な点から、そこまで人による収入差がないことが考えられます。

ただし一般的なサラリーマンと比べると難関な国家資格な分、比較的年収の高い職種だといえるでしょう。

年収をアップさせるには、貿易業での経験を積み、より高収入な会社に転職をすることで収入アップが狙えます。
中には年収1200万円ほど稼いでいる通関士さんもいらっしゃいます。

就職先・活躍できる場所

他の士業と違うのは独立開業ができないことです。そのため輸出入に必要な手続きを代行する通関業者や、通関部門を自社に持つ商社などに勤務する方がほとんどです。

通関業者では輸入申告→検査→関税を計算して支払い→輸入という一連の業務を行います。

商社では様々なものが輸出入されているため、通関士としての知識があると取引先にきちんとした説明ができて信頼度アップにつながります。そのため商社でも通関士の存在は求められるのです。

資格取得のメリット

貿易・物流業界においては、かなり注目される資格です。合格率が10%以下ということからも、この業界では貴重な人材になれることでしょう。

貿易・物流業界で活躍できることはもちろん、商社やメーカーへ転職する際にも有利になります。

貿易・物流業界は税関が開いている平日勤務のお仕事となるため、土日休みを望んでいる人にとっては働きやすい環境かもしれません。

また会社によりますが、月数千円の資格手当が支給されることもあります。

『通関士』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

一般的に通関士試験合格までに必要な勉強時間は400〜500時間と言われています。これは毎日3時間程度の勉強を4〜5か月続けていくイメージです。

試験は年に1度しかないため、今の生活で1日に割ける勉強時間を算出し、逆算して勉強を始めることが必要となるでしょう。

独学でも合格は十分に狙える試験で、最初に関税法と通関税法の勉強をして基礎知識を固め、その後通関実務の勉強に取りかかるのが得策です。

合格は60%以上の正答率なので、そこをクリアできるように勉強を進めましょう。

難易度・試験情報

試験情報

通関士試験は誰でも受験のできる資格です。

年に1回10月に実施され、7月に試験についての発表があります。

出題内容は、通関業法、関税法・関税定率法・その他関税に関する法律、通関書類の作成・手続きの実務になります。これらは主に法律の知識が問われる試験内容です。

出題形式は全問マークシート形式で、計算問題を解くために計算機の持ち込みが許可されています。通関士試験の受験料は3000円。テキストはそこまで種類がないので、大体3000〜4000円に収まる値段となります。

難易度・合格率、合格点

通関士の合格率は10〜15%程度で、難易度の高い資格に位置付けられます。ある程度の期間をしっかりと勉強に費やさなければ合格するのは難しいでしょう。

ただし出題パターンはある程度決まっており、十分勉強をして臨めば1発合格することも十分にできる試験ともいえます。

通関業法が45点、関税法等が60点、通関実務が45点。それぞれ60%以上の正答率で合格となります。

勉強を始めてみて独学で勉強することに不安があれば、講座受講を検討してもいいかもしれません。

「通関士」の現状、問題、将来性

将来性について

通関士の需要は今後も伸びていくと思われます。その理由はグローバル化が進み、ものやお金が国を越えて移動する機会が年々増えているからです。

またこのような輸出入が盛んな中、通関業者には通関士を社内におくことが義務化されているため、通関士は一定数必要不可欠な存在なのです。

そして貿易関係で唯一の国家資格であることから、他の人やAIに代替されづらい職でもあります。

試験で勉強をした内容が実務にも直結するため、貿易・物流業界で長く働きたい方は非常にやりがいを感じられる試験です。

「通関士」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

通関士と合わせて取りたい資格は「貿易実務検定」でしょう。
これは民間の資格になりますが、貿易の知識を持っているかどうかを問われる試験です。

貿易実務検定をとることで、商社やメーカーで貿易関係の仕事をしたい場合に有利になります。

貿易実務検定は上から順にA級・B級・C級とありますが、仕事として活躍できるレベルはB級以上です。C級でもとっておく価値はあります。

この2つは実務でも関連性が強い資格なので、合わせて持っておけるといいでしょう。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

「通関士」監修・執筆ライター一覧

近日更新

『通関士』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新