薬剤師の基礎情報

『薬剤師』とは

薬剤師とは、薬学的専門知識に基づいて調剤業務を行う専門家のことを指します。
調剤業務とは、医師の指示通りに医薬品を準備してそれを患者様に提供するだけの仕事というわけではなく、処方医が処方した薬が併用薬、持病など患者背景から問題ないかをチェックする行為、処方医の処方した処方量や服用するタイミングなどが適切かどうかをチェックする行為、自ら薬を調製した行為に間違いがなかったかをチェックする行為、また患者様が適切に薬を使用できるように誰にでも分かるように情報を整理して提供する行為が含まれています。

「薬剤師」仕事内容

仕事内容

薬剤師の仕事は勤務している職場によって異なります。調剤薬局では外来患者の院外処方せんの調剤業務を行います。薬剤の調整、監査、必要に応じて医師に問い合わせを行って適切な処方となるようにします。また、在宅医療分野でも調剤薬局の薬剤師が活躍していて、患者様の自宅に出向いて薬の説明、服薬管理を行います。また、病院勤務の薬剤師の場合は病棟で患者様の服薬管理を行うとともに、外来患者への調剤、点滴薬などの調製を行っています。

年収・給料・収入

薬剤師の年収についてですが、新卒の薬剤師の場合は年収が400万円前後が平均的となっています。
その後、年収は増えていくものの、一般会社員と比較すると昇給はそこまで見込むことができません。また職種によっても収入が変わってきて、ドラッグストアに勤務する薬剤師の場合は年収600万円~700万円程度、調剤薬局に勤務する薬剤師の場合は年収500万円~600万円程度とドラッグストアに勤務する薬剤師の方が年収が多い傾向にあります。

就職先・活躍できる場所

  • 病院・調剤薬局・ドラッグストア

薬剤師の資格を持つ人が最も多く活躍している就職先です。
医師の処方箋を基に薬を調剤し患者さんに手渡すのと同時に服薬指導を行うのが主な仕事となります。
病院勤務の場合は医師や看護師と連携しながら、患者さんと直接関わる事が多くっています。

  • 製薬会社・医薬品メーカー

企業での薬剤師の役割は、医薬品営業(MR)を行う企業の顔となるやりがいのある仕事です。
MRは医師に自社の薬の説明を行いながら営業を行うため医薬品の知識を生かすことが出来ます。

  • 公立学校・保健所

国家公務員に合格する必要がありますが、公務員薬剤師として安定した仕事と収入が得られます。
・大学の研究機関
大学で研究者として働きます。徐々にステップアップをし将来的には教授職に就くことも可能です。

資格取得のメリット

薬剤師の資格を取得するメリットは、何といっても薬剤師として働くことができることである。
薬剤師は病院や薬局、製薬会社などいろいろな場所で求められているが薬剤師資格を持っていなければならないため、薬剤師資格を取得していれば、就職にはかなり有利になる。
さらに、薬剤師資格を持っていればある専門分野において高い知識を持っていることを認められる認定薬剤師や専門薬剤師の資格も取得することが可能である。
また、職場の安全衛生を管理する資格である衛生管理者など、薬剤師資格を取得していれば無試験で取得できる資格もある。

『薬剤師』合格体験談

近日更新

勉強時間・対策・費用

薬剤師になるには、まず、大学の薬学部に入り、6年間学んで卒業後、国家試験を受け、合格することが必要です。
薬学部に入るには、一般的に、英語、数学、化学は必須なので、その3科目を中心に勉強をします。国立大学は難易度が高い。合格すると学費も6年なので、私学ならトータルで900万円かかります。国立は、安くなる。年々、国家試験のレベルも上がっているようで、臨床的な内容が増えてきています。昔は、大学卒業試験に受かれば、90%国家試験に合格していましたが、今は、合格率も下がって、2020年合格率は、69.58%となっています。国家試験前は、1日8時間とか、勉強することが多く、受験料は、6800円です。

難易度・試験情報

試験情報

薬剤師になるためには、厚生労働省が毎年開催している薬剤師国家試験を受験しなければなりません。
ただ、薬剤師国家試験は誰もが受験できるわけではなく、受験資格が「薬剤師法第15条」によって定められており、「6年制薬学課程を修めて卒業した者」のみが試験を受けられます。
試験は、毎年3月上旬の土曜・日曜に行われていて、3月末に合格発表が行われます。
倍率は、約4~5倍となっていて、受験するためにかかる費用は、6800円です。

難易度・合格率、合格点

薬剤師は国家試験をクリアする必要があります。試験は2日間にわけて行われ、長時間の試験となります。2020年3月の第105回薬剤師国家試験の合格基準は、1.全問題の得点の426点以上を取ること。2.必須問題で全問題への配点70%以上かつ構成する各科目の得点が30点以上になること。3.禁忌肢問題選択肢は2問以下であること。合格率は69.6%でした。新卒者のみでみると84.8%です。毎年、合格率は60~80%台で推移しており、難易度は高めと言えます。

「インテリアコーディネーター」の現状、問題、将来性

現状、問題

薬剤師は薬局や病院に主に勤務して収入を得るわけですが、薬剤師の関わっている調剤業務の具体的な対価は厚生労働省が定めています。調剤の報酬は年々減少傾向にあります。また、薬の価格も下落傾向にあるので調剤業務は儲からない仕事になってきています。その一方で薬学部がここ10年、20年程で多くなったため薬剤師の数は増えてきています。それゆえに薬剤師の収入が今後伸びてくるということは現実的ではありません。ただ、今後高齢化に伴って在宅医療分野での薬剤師の活躍が期待されていて、そちらの方面では薬剤師が得る報酬も多くなっており、今後は在宅医療に関わる調剤薬局が収益を伸ばしていくことが予想されます。

将来性について

病院や薬局で働く薬剤師の人数は毎年右肩上がりで推移しています。高齢化の影響もありますが、薬剤師の存在が人々に深く浸透していっているのも事実です。2019年の国家試験では3年ぶりに合格者が1万人を超えました。それから薬剤師が活躍する場所は薬局や病院だけでなく、主に高齢者のために自宅や住み慣れた場所で行われる在宅医療へと広がりをみせるでしょう。訪問看護に薬剤師が同行し、調剤のアドバイスをしたり、正しい薬の飲み方を指導できる環境が整い、ますます薬剤師の活躍の場が増えるでしょう。

薬剤師は薬局や病院に主に勤務して収入を得るわけですが、薬剤師の関わっている調剤業務の具体的な対価は厚生労働省が定めています。調剤の報酬は年々減少傾向にあります。また、薬の価格も下落傾向にあるので調剤業務は儲からない仕事になってきています。その一方で薬学部がここ10年、20年程で多くなったため薬剤師の数は増えてきています。それゆえに薬剤師の収入が今後伸びてくるということは現実的ではありません。ただ、今後高齢化に伴って在宅医療分野での薬剤師の活躍が期待されていて、そちらの方面では薬剤師が得る報酬も多くなっており、今後は在宅医療に関わる調剤薬局が収益を伸ばしていくことが予想されます。

「インテリアコーディネーター」と合わせて取りたい資格、ダブルライセンスなど

薬剤師幅広い知識を必要とする仕事の一つです。その一つに英語スキルです。
私の勤務していた調剤薬局では小児科整形外科内科精神科など年齢疾患別で幅広い患者様がいました。
特に観光客が泊まる宿泊施設も近辺にあり、外国人の患者様もいらっしゃいました。
観光客は保険証を持っておらず自費になることや、病状を聞いて受診する科に誘導したりなど英語で説明しなければありませんでした。
また、海外渡航時に薬剤携行証明書というものが必要になります。
全ての薬に証明書が必ず必要と言うわけではありませんが、何の薬には必要かなど勉強しておく必要がありました。
さらに作成する場合は当然英語になりますので、基本的な英語の文書が書けないといけません。
現場に出るとざまざまな経験をすると思いますが、それ一つ一つに丁寧に対応していくためにも、多くの知識を取り入れ勉強し続けないといけないいけない仕事だと思います。

オンライン講座一覧

近日更新

スクール一覧

近日更新

『薬剤師』監修・執筆ライター一覧

近日更新

『薬剤師』系YouTuber一覧

近日更新

関連職業

近日更新

求人情報

近日更新